SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』

米国リテールのパーパス経営 Targetが見せるPB展開

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたベストインクラスプロデューサーズ発行の『BICP MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今月は、米国のリテール企業「Target」の戦略を紐解いていく。

※本記事は、2023年4月25日刊行の『MarkeZine』(雑誌)88号に掲載したものです。

米国のリテール企業「Target」が見せる、大きな進化

 米国リテールの店舗(オンライン店頭を含む)での刻々とした変化を定点観測していると、日本の2〜3年後に応用できるヒントが満載だ。米国リテールの観測リストとして、計60店舗以上(食品スーパー・百貨店・ドラッグストア・家電量販店・ホームセンター・SOHO周辺のD2Cブランド店など)をBICPチーム(含む筆者)でモニタリングしている。米国代表東西5州における今年の米国流通の最新エッセンスを抽出し、リテール大手「Target」の3ステップとしてお伝えしよう。

 米国におけるTargetは、「Walmart」「Amazon」「Costco」「Kroger」「Walgreens」と共に、食品・日用品カテゴリーでリテーラーTOP6に入る。これは2014年に経営再建を期待され就任したブライアン・コーネルCEOとそのチームによる功績と言える。

Targetが見せた3ステップ

  1. 「売り場」本位ではない、顧客の「買い場」の創出:売り手発想の「品揃え」を超え、「商品単位(サービス単位)」で、「買い場」を提供している。「売り場作り」の発想ではなく、「買いに行く動機」を作る姿勢だ。
  2. プライベートブランド(PB)への投資比率の大きさ:Targetをはじめとする個性あるリテーラーは、「パーパス(意義・姿勢)」への賛同を募り増やす役目としてPBを展開している。「コスパが高い」CPG商品を並べて利ざやを刈り取る姿勢ではない。
  3. 「デザイン」の分野への「兆円投資」(数年スパン):デザイン分野への投資とは目に見える「パッケージ」や「店舗レイアウト」への投資判断だけでなく、店頭社員の行動や顧客経験のアップグレードまで見えざる部分も見据えた投資だ。
この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!初月1円キャンペーン中!

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
Targetの戦略3ステップを分解

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

榮枝 洋文(サカエダ ヒロフミ)

株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)/ニューヨークオフィス代表 英WPPグループ傘下にて日本の広告会社の中国・香港、そして米国法人CFO兼副社長の後、株式会社デジタルインテリジェンス取締役を経て現職。海外経営マネジメントをベースにしたコンサルテーションを行う。日本広告業協会(JAAA)会報誌コラムニスト。著書に『広告ビジネス次の10年』(翔泳社)。ニューヨーク最新動向を解説する『MAD MAN Report』を発刊。米国コロンビア大学経営大学院(MBA)修了。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/05/09 09:30 https://markezine.jp/article/detail/42055

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング