SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Sprocket、「ロイヤルティ向上につながる重要な顧客体験」の特定サービスを提供開始

 コンバージョンレート率最適化のためのプラットフォームを提供するSprocketは、顧客ロイヤルティを高めるための重要な体験を可視化し、具体的な改善施策につなげる「ロイヤルティ要因分析」の提供を開始した。

 同サービスでは、同社がリアルタイムで計測・蓄積した、ユーザーがWebサイト上で取った「行動データ」を元に、特定の行動をした/してないの差異を定量的に出力。差異が大きい行動から「初回購入やリピート購入に影響を与える重要な顧客体験は何か」や「ロイヤルカスタマー育成に大きな影響を与えるものは何か」、「お問い合わせ削減に効果的なユーザー行動は何か」といった重要な顧客体験を特定する。

顧客が行動を起こした要因を分析
顧客が行動を起こした要因を分析

 分析の結果は、視覚的に整理したレポートとその元データとなる詳細レポートという形で提供。その上で、専任のコンサルタントが改善策を具体的に提案し、企業のマーケティング課題の解決支援を行う。

図示化資料と詳細レポートを提供
図示化資料と詳細レポートを提供

【関連記事】
Sprocket、Webでのユーザー行動データの外部出力機能を提供開始 集客精度の向上に使用可能
Sprocketと性格診断「ディグラム・ラボ」連携開始、顧客の深層心理に基づいたターゲティング可能に
電通デジタルと電通、チーターデジタルが「アクションベースロイヤルティプログラム」を提供開始
チーターデジタル、「ロイヤルティプログラム カオスマップ」を公開 ロイヤルティプログラムを類型化
ブライトコーブ、動画の効果測定ツールの提供を開始 ユーザーの視聴体験・エンゲージメント向上に活用可能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/22 09:00 https://markezine.jp/article/detail/42576

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング