SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

BOOKS

名前は“育てるもの”「MOSDO」を名付けた小藥氏に学ぶ 、ネーミングの極意【お薦めの書籍】

 商品やサービスの価値を伝えるネーミング。競合他社のプロダクトとイメージを差別化したり、ブランドの持つ機能的価値あるいは情緒的価値を顧客に伝えたりするためには当然重要です。しかし、顧客に受け入れられるために何が求められるのか、実際にどのような検討をすべきか、はっきりとわからない方は多くいるのではないでしょうか。今回は、これまで多くの共感を呼ぶネーミングを行ってきたコピーライターが自らの思考方法について、事例を基に解説する本を紹介します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

土屋 典正(編集部)(ツチヤ ノリマサ)

法政大学法学部を卒業。新卒で人材派遣の会社にて営業職を経験し、翔泳社に入社。MarkeZine編集部に所属。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/30 07:30 https://markezine.jp/article/detail/42614

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング