SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、デジタルサービスの利用活性化支援プログラムを開始 グロース業務の策定と課題解決を支援

 6月26日、電通デジタルは、デジタルサービスを対象に、事業を持続的に成長させていくための業務(以下、グロース業務)について、クライアント企業の組織内外で問題の解消から自走化までの支援を行うプログラム「GROWTH DESIGN-ENGINE」の提供を開始する。

 同プログラムは、DX推進の伴走支援において豊富な専門性と実績を持つ電通デジタルが、グロース業務の策定と、それを実行できる組織への変革支援を実施するサービス。UX視点での業務プロセス設計および立ち上げから、プロセスの型化、対応人材の育成によるクライアント企業の自走化まで、クライアント組織内外からの支援を一貫して提供する。

「GROWTH DESIGN-ENGINE」における支援の全体像
「GROWTH DESIGN-ENGINE」における支援の全体像

 まず、フェーズ1では、業務診断やユーザー調査などの組織外からの支援だけでなく、組織の内側からのアプローチにより、外からだけでは見えない業務プロセス課題や、企業が保有する顧客データなどのファーストパーティーデータの分析を踏まえたコンサルティングを行う。そして、これらの支援を通じ、North Star Metric(ビジネスグロースを目指すために設定する重要指標)・KPI設計、中長期のグロースロードマップ策定、ロイヤルユーザー定義などのUX視点で不足している要件・計画の策定を推進する。

 次にフェーズ2では、フェーズ1で定義した計画を基に、企業の組織内外から運用支援と業務プロセス型化を進める。これにより、短期的なPDCAサイクルの構築と実行支援、加えて中長期の成長を見据えた改善施策の立案や運用課題の抽出・改善、クライアント企業の社員へのスキルトランスファーまでを支援する。

【関連記事】
電通デジタル、SalesforceとSnowflakeの統合支援を行う専門チームを発足
電通デジタル、AI主体のカスタマーサービスの支援を開始 ChatGPTなどを活用し顧客体験を改善
電通デジタルと電通、チーターデジタルが「アクションベースロイヤルティプログラム」を提供開始
CARTA HD、全日空商事と業務提携へ トラベル関連事業者へのDX支援を促進
サイバーエージェントとグッドパッチ、業務提携を締結 UI/UXデザイン領域におけるDX支援を強化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/27 08:00 https://markezine.jp/article/detail/42615

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング