SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

RiVA、コアファンを起点にLTV・ブランド価値の向上や新規ファン獲得を目指すプログラムをリリース

 企業やブランドのファン作りを支援するRiVAは、LTV・ブランド価値向上を目的としたプログラム「UZ(ウズ)」をリリースした。

 同プログラムは、熱狂的コアファンを起点にした巻き込み型の顧客体験を提供することで、LTVやブランド価値の向上を目指す。熱狂度が最も高いコアファンにフォーカスし、UGC・VoCやコミュニティを活用した関係値を構築。新たなファン獲得や熱量の増加を図る。

 3つのフェーズで同プログラムは構成されており、まず「熱狂度の高いコミュニテイの構築・運営」フェーズでは熱狂的コアファンに限定したコミュニティを形成。次に「UGC発信による評判形成」フェーズでエンゲージメント向上のコツを抑えたコミュニティ運営を行うとともにUGC発信の機会を提供し、継続的にUGCが発信される体制を構築していく。

 そして「VoC活用によるサービス改善」のフェーズにおいて、熱狂的ポイントのヒアリングやコアファンのインサイト分析を実施し、分析結果をサービス改善へつなげる。

【関連記事】
ブイキューブ、顧客行動のデータ分析を強化する三つの機能を追加 ファンエンゲージメントの向上を目指す
アライドアーキテクツ、Fanposに4つの新機能追加を発表 ファンの声を効果的に活用が可能に
サガン鳥栖ファントークンアプリ、ファンとスポンサーをつなげるサービス「en-chant」を採用
Ameba、ブロガーが企業のアンバサダーとなるプログラムを提供 ロイヤリティが高いファンの醸成へ
電通とファンベースカンパニー、CX改善とLTVの向上を支援する「ファンベースCXプログラム」提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/08/21 11:45 https://markezine.jp/article/detail/42944

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング