SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

Web広告は、数字を追う時代から戦略重視の時代へ AIを活用し成果向上を図るAIR Designとは

 Web広告のクリエイティブ制作から運用までの全てを支援するサービスAIR Designを展開するガラパゴスでは、AIをはじめとした最新テクノロジーを駆使することで、膨大なデータに裏打ちされたクリエイティブ制作と高速PDCAサイクルを実現している。それにより、Web広告はどう変わり、どのような成果を得られるのだろうか。同社マーケティングチームでマネージャーを務める冨田悠氏に話をうかがった。

数字重視から戦略重視のマーケティングへ

──今回は、Web広告×AI活用をテーマに伺っていきます。最初に自己紹介をお願いできますか。

冨田:オンライン・オフラインを含めた広告業に従事した後、マーケティングコンサルタントを経験し、マーケティング全体の最適化を担ってきました。現在はガラパゴスでAIR Designという自社サービスのマーケティングチームでマネージャーをしています。

──Web広告の活用は今や当たり前になっていますが、多くの企業が抱えている課題はありますか。

冨田:多くの企業が見落としている大きな課題が1つあります。それはWeb広告が登場すると数字として見える指標が増えたので、Web広告は「数字を追いかけるテクニカルなもの」だと思っていることにあります。

 確かにテクニカルな改善アプローチが成果の優劣を大きく左右する時期もありましたが、最近は広告媒体の自動最適化をはじめとするテクノロジーの進化によって、この点における企業間の差異は縮まってきました。そうなると、競合と差をつけるには数字による分析は行いつつも、人と向き合うことでの訴求開拓など「戦略重視のWeb広告アプローチ」が必要になってきます。しかし現在、そこに気づき、実践している企業は多くありません。

株式会社ガラパゴス<br /> AIR Design for Marketing事業部 マーケティングチーム<br />チームマネージャー 冨田悠氏
株式会社ガラパゴス
AIR Design for Marketing事業部 マーケティングチーム
マネージャー 冨田悠氏

コンバージョンの先と施策は、つなげられているか

──戦略重視のWeb広告アプローチとは、どのように行いますか。

冨田:仮説に基づくペルソナ設定を必要十分なパターン用意し、それぞれに対応したコミュニケーションプランを作成した上で、仮説検証が可能なクリエイティブを作ります。そして配信実績を基に効果検証を重ね、顧客理解を深めていくことが挙げられます。顧客理解を深めることで、より適切な訴求を考えることにつながる、これこそがWeb広告における戦略の根幹といえます。

──戦略重視のWeb広告アプローチによって広告の成果はどのように変わりますか。

冨田:主に2つの点が大きく変わります。1つ目は、先ほどお話した「戦略重視のWeb広告アプローチとなる」ことです。2つ目は、「Web広告のコンバージョンではなく、その先の成果と紐づけて改善できる」ことにあります。

 管理画面の数値だけを見ても、売上などに結びつきづらい場合も少なくありません。だからこそWeb広告のコンバージョンから売上までデータを紐づけ、分析しながら施策の打ち手を探っていくことが大切です。このように売上から逆算し、PDCAを回すことで顧客理解を深めながら成果に結びつけていくことができるのです。

次のページ
企業がAIを使いこなすには

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:株式会社ガラパゴス

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/16 10:30 https://markezine.jp/article/detail/43666

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング