SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(AD)

月間検索数が約1億増加!LINEとヤフーの統合がもたらす、Yahoo!検索広告の新たな可能性

検索広告の今の実力とは

MZ:直近のアップデートによって、検索広告のパフォーマンスは変化しましたか。

大町:日々のアップデートがクリック率やクリック数、クリック単価(CPC)など様々な指標の改善につながっています。具体的には昨年との比較(2022年6月と2023年5月)で、クリック率は約19%増加しました。誘導数を増やしながら、誘導に対して投資いただいているコストを削減することができています。

Yahoo!広告 検索広告のパフォーマンスの変化
Yahoo!広告 検索広告のパフォーマンスの変化

大町:この比較では、LINE Searchに対応した2023年6月以降の数字は含まれていないのですが、今後LINEアプリからの検索数増加により、改善されたパフォーマンスを維持しながら送客ボリュームを増加させることができます。

 また、パフォーマンスが改善できているのは、検索体験だけでなく検索広告のアップデートも影響しています。たとえば、企業情報の表示と広告ラベルを変更するなど、細かなアップデートを繰り返し検索広告のクリック数を向上させています。

大町:本来広告は、広告主がユーザーに届けたいメッセージを、限られた文字数の中で的確に表現した完成度の高い情報です。コンテンツとして見覚えがある広告や、目に留まる広告ならユーザーも受け入れやすく、パフォーマンスも高くなります。

 LINEヤフーでは、厳しい広告審査で不適切な広告を排除し、ストレスを感じさせない、コンテンツとして安心して広告を見ていただけるプラットフォーム作りに取り組んでいます。これらの広告周りの取り組みも、直近のパフォーマンス向上に寄与しています。

Yahoo! JAPANからの検索とLINEからの検索、どう違う?

MZ:LINEから検索するユーザーとYahoo! JAPANから検索するユーザーの間で、属性や検索行動、キーワードに違いはありますか。LINE、Yahoo! JAPANともに膨大なユーザー基盤を持つプラットフォームなので、ユーザーの使い方に違いがあれば教えていただきたいです。

大町様画像2

大町:まずユーザーのデモグラフィックに違いがあります。Yahoo! JAPANはPC全盛期の時代から長きにわたって日常的に使われている方が多いです。一方でLINEは、若年層を含む全年代の方々に普段のコミュニケーションツールとして根付いているため、何かを知りたいと思ったときその場でぱっと検索しているような傾向が見られます。LINE経由の検索クエリを見ると、リアルタイムに知りたいキーワードや急上昇トレンドとして注目される言葉が多いです。

次のページ
カギは季節性と新商品、検索広告活用のヒント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:LINEヤフー株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/16 10:30 https://markezine.jp/article/detail/43669

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング