SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第95号(2023年11月号)
特集『「知らなかった」では済まされない、法規制とマーケティング』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

グーネット、TikTok広告で車購入の認知と利用意向を大幅向上!低リーチ単価、高成果の戦略とは?

 中古車情報メディア「グーネット」を展開するプロトコーポレーション。長年テレビCMを中心にマーケティング施策を行ってきた同社だが、近年動画プラットフォームへの広告配信に注力し始めた。その中でも、特に高い投資対効果を上げているのが「TikTok広告」だ。本記事では、クリエイター選定やクリエイティブ制作、クロスメディア検証などのコミュニケーション戦略について、プロトコーポレーションのデジタルマーケティングを担当する山﨑氏と川口氏、そしてTikTok for Businessの桑原氏、紺野氏に話を聞いた。

テレビCMでは届きにくい層にアプローチするために動画広告を

MarkeZine編集部(以下、MZ):近年、プロトコーポレーションでは動画プラットフォームに対する広告配信に注力していると聞いています。その背景から教えてください。

山﨑:グーネットは、全国の中古車販売店の在庫を検索できるサイトです。自動車という高価格帯の商品の性質上、購入の検討期間が長いため、ファネル別に合わせた施策を行う必要があります。

 これまで、長年テレビCMがマーケティング施策のメインとなっていましたが、テレビCMでは届きにくい層にアプローチしていきたい、Webサービスへの導線を強めていきたい思いがありました。そのため、弊社ではデジタル広告の活用を推進し、中古車選びの初心者層をターゲットにした新たなリーチ先として、TikTokをはじめとした動画広告に注力し始めました。

プロトコーポレーション 山﨑 凜氏
プロトコーポレーション 山﨑 凜氏

認知・利用意向の向上を目的にTikTok広告を活用

MZ:様々な動画プラットフォームがある中で、TikTokを活用している理由を教えてください。

山﨑:動画広告に関してはこれまで、別の動画プラットフォームで6年ほど配信してきました。しかし、そのプラットフォームだけではアプローチできる層が限られてきたので、さらなる層へのアプローチを目指し、昨今流行する縦型のショート動画プラットフォームとして人気を集めるTikTokに着目しました。

 以前、ユーザー獲得を目的としてTikTok広告を試したところ、セッション単価は他のプラットフォームの平均の7分の1程度に抑えることができ、高い広告効果が得られました。この成功体験から新たな挑戦として、認知・利用意向の向上を目的とした施策に取り組み始めました。

MZ:「ブランディング目的で動画広告を活用する際、前例がない新しい取り組みのため、社内に対し稟議を通すのが難しい」という声を聞くことがあります。TikTok広告を新しい目的で活用しようとする際、苦労した点などはありましたか。

山﨑:過去の実績からもTikTok広告の効果が高いことはよく理解していますし、TikTokのコンテンツをユーザーとして普段からよく視聴しているのでどういうコンテンツがユーザーに受け入れられやすいのかという知見も持っていたので、社内でも一任してもらえました。

次のページ
クリエイター起用でユーザーに寄り添った動画を制作

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

太田 祐一(オオタ ユウイチ)

 日本大学芸術学部放送学科を中退後、脚本家を目指すも挫折。その後、住宅関係、金属関係の業界紙での新聞記者を経て、コロナ禍の2020年にフリーライターとして独立。現在は、IT関係を中心に様々な媒体で取材・記事執筆活動を行っています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:ByteDance株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/21 10:30 https://markezine.jp/article/detail/43725

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング