SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第103号(2024年7月号)
特集『ターゲティング大変革期の到来 規制・制限の向こう側から、押し寄せる「良波」が見えてきた!』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

7割以上の中高校生がTikTokを毎日利用/人気TikTokerは「そば湯」【LINEリサーチ調査】

 LINEリサーチは、中学生・高校生を対象にTikTokの利用状況について調査した。

中高生のTikTok利用率は40%以上に

 まず中高校生にTikTokを使っているか尋ね、「使っている」と回答した人には、どのように使用することが多いかを質問した。

 すると、中学生の48%が「TikTokを使っている(投稿と視聴、またはいずれかをしている)」と回答。「動画視聴のみをしている(投稿はしていない)」と答えた割合は全体で3割台後半に。一方、「TikTokは知っているが、一度も使ったことがない」も全体で3割台後半という結果だった。

 高校生では、全体の43%が「TikTokを使っている」と答えた。「動画視聴のみをしている(投稿はしていない)」は全体で3割台後半に、「TikTokは知っているが、一度も使ったことがない」は3割超となった。

クリックして拡大

 また「動画投稿と視聴の両方をしている」「動画視聴のみしている(投稿はしていない)」の割合は、中高生ともに男子よりも女子の割合が高くなった。

TikTokを毎日使う中学生は75%、高校生は72%

 次に、TikTokを使っている中高生が普段どのくらい利用しているかを調べた。その結果、中学生の75%、高校生の72%が「毎日使っている」と答えた。また「1日に2時間以上」使っている人は、中学生では男女ともに2割を超えた。

クリックして拡大

よく見るジャンル、男子はゲームで女子は音楽やアイドル・芸能人

 続いては、よく見るTikTokのジャンルを質問。中学生のランキングを見ると、男子1位は「ゲーム」で、66.1%が回答した。男子の2位は「マンガ/アニメ」、3位は「スポーツ・運動・フィットネス」でそれぞれ4割台後半となった。一方、女子中学生は「音楽・歌(MV、PV含む)」が7割弱でトップに。「美容・コスメ」「アイドル/芸能人」「ファッション」「how to系(メイク、レシピなど)」なども、男子と比べて割合が高くなった。

 高校生は、男子では「ゲーム」が5割超で1位にランクインした。女子は、「アイドル/芸能人」が6割超で最も多かった。「美容・コスメ」「ファッション」「how to系(メイク、レシピなど)」なども、中学生同様に女子が高い割合を示した。

クリックして拡大

中高生に人気のTikTokerは?

 最後に、一番好きなTikTokerを尋ねた。すると、男子中学生は「そば湯」が2位以降と差をつけ1位に。以降は「100円娯楽(税抜)」「mumei×」「ウンパルンパ」が続いた。女子中学生には「すとぷり」「そば湯」「ハウスダスト」が人気だった。

 男子高校生では「バヤシ Bayashi」がトップに入った。2位は中学生にも人気が高い「そば湯」となった。女子高校生は「MINAMI」「すとぷり」「そば湯」「桜」「なにわ男子/J Storm」のトップ5が拮抗する結果となった。

クリックして拡大

【調査概要】
調査対象:日本全国の中学生、高校生の男女LINEユーザー
調査方法:スマートフォンWeb調査
実施時期:2023年10月12日(木)~10月16日(月)
有効回収数:1,034サンプル

【関連記事】
スマホでの検索行動、約8割がGoogleを利用/2位はYouTubeに【LINEリサーチ調査】
LINEリサーチ、Z世代で今よりも流行りそうなSNSを調査 総合1位はInstagramに
興味をひかれる商品に出会う場所 全体の3割以上が「YouTube」と回答【LINEリサーチ調査】
Z世代のトレンドランキング、「ちょんまげ小僧」が急上昇で1位【LINEリサーチ】
高校生の5割が位置情報共有アプリを利用/Google マップやwhooが人気【LINEリサーチ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/13 13:15 https://markezine.jp/article/detail/44270

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング