SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Threads、投稿にトピックをタグ付けする機能を発表 日本語でのキーワード検索も可能に

 Metaは、テキスト共有アプリ「Threads(スレッズ)」にトピックをタグ付けする機能の導入を発表した。

 同機能により、投稿の内容に関連するトピックを追加することができ、興味関心やテーマごとに投稿をカテゴリー分けすることが可能だ。今回のアップデートで、日本語を含む他の言語でも利用できるようになる。

クリックして拡大

 利用者はThreadsで新しく投稿を作成する際「#」のボタンをタップするか、「#」をタイプした後続けてテキストを入力すると、トピックを追加できる。トピックを入力し始めると、他の利用者が作成した既存のトピックが選択肢として表示され、そこからタグ付けしたいものを選ぶことができる。自分だけのトピックを新たに作成して追加することも可能だ。

 投稿に追加されたトピックをタップすると、同じトピックでシェアされた他の投稿を閲覧できる。なお、Threadsの投稿にタグ付けできるトピックは一つだけとなり、Instagramのハッシュタグと違ってスペースや一部の特殊文字を入れることも可能となる。

 また2023年11月末から、Threadsを利用できるすべての国でキーワード検索を導入。日本語でも投稿の検索ができるようになった。モバイルアプリとWeb版のどちらでも利用可能だ。

クリックして拡大

【関連記事】
若年層のThreads認知は33.4%/「Twitter/X」の半数近く【ネオマーケティング調査】
新SNS「Threads」の認知率は全体で約5割、10代・20代では約6割が認知【LINE調査】
キャストプライズ、Threadsのマーケティングサービスを開始 インフルエンサーPRや運用を支援
Meta、テキストでつながる新アプリ「Threads」を提供開始 Instagramチームが開発
Meta、大規模言語モデル「Llama 2」の提供を開始 マイクロソフトと生成AIへの取り組み拡大へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/08 14:45 https://markezine.jp/article/detail/44350

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング