SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大広、CRM戦略立案ツールを開発 CRM全体を「城下町」にたとえて顧客育成プロセスを視覚的に表現

 大広は、6月14日、CRM全体を「城下町」になぞらえ顧客の育成プロセスを視覚的に描いた、CRM戦略立案のサポートツール「CRMサクセスマップ」を開発した。

 CRMサクセスマップは、顧客の購買行動と心理的ロイヤリティを掛け合わせたセグメント分けを行い、顧客インサイトを確認するためのツール。顧客育成の「3つの壁」に加えて「安売りの落とし穴」に着目しており、これらの課題を克服するための戦略設計ができる。

CRMサクセスマップ

 利用企業は、保有している顧客の購買データや顧客の意識情報(顧客の声や各種調査結果)などをCRMサクセスマップに落とし込むことで、顧客のインサイトを把握し、効果的な育成戦略を描くことが可能になる。

 これにより、自社のCRM活動を俯瞰し、目標と施策の優先順位を明確化。関係者間での共有が可能となり、顧客育成の成功に向けた一貫した取り組みが行える。

【関連記事】
大広、WUUZYを連結子会社化 EC領域での対応力強化を図る
大広WEDOが官民連携事業研究所と協業へ クライアントと自治体の連携を促し社会課題解決型の事業を支援
HARTi、NFT×CRM領域で特許を取得 NFT保有者との長期的なコミュニケーションが可能に
Hakuhodo DY ONE、Smashと業務提携 CRMを活用したマーケティング支援体制の強化
博報堂と新潟県、LINEを活用した常時接続プッシュ型CRM施策の実証実験を開始 関係人口創出を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/18 11:30 https://markezine.jp/article/detail/44873

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング