SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

HARTi、NFT×CRM領域で特許を取得 NFT保有者との長期的なコミュニケーションが可能に

 アプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」の開発・提供を行うHARTiは、6月12日、NFT×CRM領域にて特許を取得したことを発表した。

 HARTiでは、仮想通貨不要でNFTを購入できる機能や、アプリ内ウォレット「HARTi Wallet」を最短30秒で作成できる機能を提供。2022年4月にサービスを開始して以来、現在では登録ユーザーは12,000人を突破している。

 今回特許を取得した技術は、ユーザーのウォレット情報を参照し、これを基にマーケティング施策の対象となるユーザーの決定を可能にするもの。これにより同プラットフォームの利用事業者は、NFTを販売して完結するのではなく、より長期的にNFT保有者とメッセージやクーポンなどでコミュニケーションを取ることができる。

 同社は今後、HARTiを利用する事業者がさらにNFTを活用できる機能の多数リリースを予定している。

【関連記事】
J-WAVE、Podcast×NFTの新サービスをリリース 第一弾としてKATANAの番組を開始
ProofXと博報堂、NFTを活用した顧客ロイヤルティ向上プログラムを開発
博報堂プロダクツ、NFTウォレット「Cocollet」をリリース 活用を支援するソリューションも提供
東急電鉄、SNS型チェックインラリーにSUSHI TOP MARKETINGのNFT配布サービス採用
スポーツビジネスのDXに特化したマーケティング会社「POD」が事業開始へ NFTなど3つの領域で支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/13 09:30 https://markezine.jp/article/detail/44582

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング