SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TikTok for Business、クリエイター白書2024を公開 フレームワーク活用方法を紹介

 TikTok for Businessは、2月27日、「TikTokクリエイティブフレームワーク」の開発と、フレームワークの活用方法をまとめた「クリエイター白書2024〜成功するTikTokクリエイティブの作り方〜」の公開を発表した。

 同フレームワークは、各業界で人気のTikTokクリエイター14組に対して、同社が取材を行い作成したもの。各業界のトレンド、視聴者層の特徴、コンテンツ作りのコツ、複数のアカウントを成功へ導く再現性を高める秘訣、アカウントのコンセプト作りなどについてクリエイターやクリエイター集団が語った。

 さらに同社は、同フレームワークの活用に向けて、取材を通して共通のキーワードを複数発見。これらのキーワードを以下3つのステップに整理しまとめた。

  • Research(リサーチ):関連する業界で、今、どんなコンテンツが注目されているのかを理解する
  • Ideation(アイデア開発):人気コンテンツをただ真似するだけや、新しいフォーマットをやみくもに使うのではなく、既存の人気フォーマットに、自分なりのアイデアをプラスする
  • Evaluation(検証):継続的な検証と改善が成功への一番の近道なので、視聴者のコメントおよびコメントへの「いいね」を参考にして、インスピレーションを得る

 加えて、同社が新たに公開した「クリエイター白書2024〜成功するTikTokクリエイティブの作り方〜」では、クリエイターへのインタビュー内容と同フレームワークの活用方法をまとめて公開を行っている。

【関連記事】
TikTok for Business、広告パフォーマンスを高度標準化する運用手法をリリース
TikTok for Business、消費行動を分析した「ショッパーテインメント白書2023」公開
TBWA HAKUHODOとTikTok for Business、クリエイティブがテーマの白書公開
スイッチメディア、テレビ視聴とCM出稿のデータをまとめた「TVAL テレビ視聴白書 2023」を提供
TikTok for Business、生活者の意識や広告の影響を調べた「TikTok広告白書」発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/02/28 15:30 https://markezine.jp/article/detail/44997

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング