SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

「欲望(Desire)」で紐解く、消費者の今と未来

時代は「自分らしさ2.0」へ。他者目線 or 自分軸で「自分らしさ」の中身、幸福度は大きく変わる

 皆さんにとって「自分らしさ」とは、「他者とは違う自分、個性的な自分でいること」を表す言葉でしょうか? それとも、「自分に正直にいること」といったニュアンスを持つ言葉でしょうか? 今、「自分らしさ」にまつわる意味合いや人々の価値観が変わってきているようです。マーケティングに与える影響も含めて、電通の消費者研究プロジェクト「DENTSU DESIRE DESIGN(DDD)」に解説していただきました。

「自分らしさ」のプレッシャーからの解放

 私たちの生き方や消費行動に大きな影響を与えた「自分らしさ」という価値観が、大きく変化しようとしています。

 これにより、従来のマーケティングの前提も大きく変化していくでしょう。これまで私たちマーケティングに関わる者が重視してきた「競争」という概念が希薄になりつつあることもその一つと捉えられます。

 「自分らしく生きる=個性的な自分の確立が大切」という認識であった90~2000年代、「自分探し」は生きる上でとても重要な事項でした。たとえば、厳しい就職活動をはじめとする競争社会においては、他者に対して「自分」とは何かを説明することが強く求められました。ただ、実際には、「自分ならではの何か≒個性を打ち立てる」という作業は簡単なものではなく、多くの人にとってプレッシャーであったとも言えます。

 コロナ禍を経て、そんな「自分らしく生きる」ということの捉え方や、人々の認識が大きく変わろうとしている――DDDではその兆候を捉えています。

「自分らしく生きる」の意味合いの変化

 これまでの「自分らしさ」には、他者=外から見た自分という暗黙の規定がありました。すなわち、外からの目線、外からどう見えるかが重要だったわけです。

 しかし、他者と交わることが限りなく減ったコロナ禍で、多くの人が自分自身(と他者とは言えない身内)という存在のみを認識する世界に身を置くことになりました。これにより、他者によく見られるということより、自分自身がどう感じるかのほうが重要であると、価値観にチェンジしていったと考えられます。

 結果、自分に素直になる、自分に嘘をつかない、無理をしない、自分が心地よい状態でいられるといったことが、とても大切な要素になってきました。

■「自分らしく生きる」の意味変化

90~2000年代:外からどう見えるか、他者との違い、個性を発揮する生き方

現在:自分自身がどう感じるか、無理せず自分に素直な生き方、他者からの目線はどうしてもよい

 もちろん、すべての人にこういった価値観の変化が訪れているわけではありません。次第にこの価値観が広がりつつあるといった状況であると考えています。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!初月1円キャンペーン中!

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
新・自分らしさの反対にあるのが「承認欲求」「優越感」?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「欲望(Desire)」で紐解く、消費者の今と未来連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高見 憲(タカミ ケン)

株式会社電通 CXプランニングセンター エンゲージメントデザイン1部長 チーフ・コミュニケーション・ディレクター 電通デザイアデザインメンバープランナー、ディレクターとして各種キャンペーン企画、新商品開発、およびそのローンチ/ブランディングを多数手がける。現在はCX領域を起点とした統合プランニングに...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/19 09:30 https://markezine.jp/article/detail/45117

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング