SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

【特集】人と組織を強くするマーケターのリスキリング

スキル習得と人材流動化の二本柱で考える リスキリングの定義と重要性

 あらためてリスキリングとは何なのか。そして、リスキリングで得られる企業・個人目線のメリットや、進める上でのポイントは何か。グーグルが主幹事を務め、官民連携でデジタルスキルトレーニングプログラムを提供する「日本リスキリングコンソーシアム」の岡村有人氏に話をうかがった。

※本記事は、2024年3月刊行の『MarkeZine』(雑誌)99号に掲載したものです

隆盛の背景に技術進歩や高齢化社会

──まずは日本リスキリングコンソーシアムの活動内容を教えてください。

 国や地方自治体、民間企業などが一体となり、日本全国であらゆる人のスキルのアップデートを支援するための新たな試みです。2022年6月にグーグルが主幹事となって立ち上げました。

日本リスキリングコンソーシアム主幹事 グーグル合同会社 シニアマーケティングマネジャー 岡村有人(おかむら・あると)氏 大手広告会社に10年勤務した後、2017年に渡米。2019年にUniversity of California,IrvineでMBAを取得。2019年にグーグルへ入社し、現在に至る。

日本リスキリングコンソーシアム主幹事 グーグル合同会社
シニアマーケティングマネジャー 岡村有人(おかむら・あると)氏

大手広告会社に10年勤務した後、2017年に渡米。2019年にUniversity of California,IrvineでMBAを取得。2019年にグーグルへ入社し、現在に至る。

 リスキリングの定義は「新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために、必要なスキルを獲得する/させること(出典:経産省/リクルートワークス研究所)」です。日本リスキリングコンソーシアムは、その後押しをするための活動を行っています。

 リスキリングの必要性は以前から取り沙汰されていましたが、地域や性別、年齢を問わず「ここを見れば自分に合ったリスキリングのトレーニングが見つかる」と思えるような場は存在していませんでした。日本リスキリングコンソーシアムでは、あらゆるジャンルのトレーニングプログラムを1つのプラットフォームに集約し、座学から実践まで幅広く網羅しています。

 また、私たちが推進しているのはスキルの習得だけではありません。人材の流動化も1つのプラットフォームの中で実現できるようにしています。今後、世界の中で日本がより成長していくためには、適材適所の人材が成長産業にきちんと移動する流れが不可欠です。就職支援、副業・フリーランス・アルバイトなど幅広い就業機会の提供、スタートアップ企業に向けた採用機会の提供なども行っています。

 2024年2月時点で、日本リスキリングコンソーシアムの参画団体数は230以上、会員数は12万人以上にのぼります。提供プログラム数は1,400以上で、コンソーシアムを立ち上げた2022年6月当時のプログラム数(230)に比べると、6倍以上も増えていることになります。

──なぜ今リスキリングに注目が集まっているのでしょうか? 背景を教えてください。

 生成AIをはじめとするテクノロジーによって、私たちを取り巻く環境の変化はより激しくなっています。それによって生まれる機会も数多くあるでしょう。このような変化にいち早く適応するためには、スキルを身に付けることが必要なのです。国は「デジタル田園都市国家構想」において「2026年までに230万人のデジタル推進人材を育成する」と宣言しています。

 リスキリングの必要性を感じているのは個人だけでなく、企業も同様です。変化に対応して事業を成長させていくためには、人材育成に力を入れる必要があるため、リスキリングを重視する気運が高まっているのです。

 加えて、日本の将来を考えたときに向き合わなければならない現実が高齢化社会です。労働生産性を上げるためには、一人ひとりにスキルを習得することが求められるでしょう。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!初月1円キャンペーン中!

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
職種に応じてスキルを学ぶのはナンセンス?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
【特集】人と組織を強くするマーケターのリスキリング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/22 09:30 https://markezine.jp/article/detail/45169

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング