SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

2023年度に読まれた「TikTok」活用事例をピックアップ!各社が語る成功要因・戦略

 縦型ショート動画ブームの火付け役となったTikTok。この1年では、どのような事例が注目を集めたのでしょうか? 本記事では、MarkeZineが2023年度に公開した記事からTikTokの活用事例を取り上げたコンテンツをピックアップして紹介します。

アイリスオーヤマが「100万再生超の動画を連発」

再生回数100万超の動画を連発!アイリスオーヤマのTikTok活用術

 こちらの記事では、アイリスオーヤマのTikTok公式アカウント開設の背景、動画投稿の秘訣について担当者の矢嶋氏に取材。商品紹介だけでなくライフハックなど様々な切り口の動画を投稿し続けた結果、100万再生超えの動画を連発しているという同社の運用について学ぶことができます。

ディップが狙ったプラットフォーム横断の「二次拡散」

UGC創出で動画総再生数が5,000万超に バイトルとワンメディアによる「二次拡散を見据えた設計」

 こちらの記事では、2023年6月から「バイトル」などの求人情報を提供するディップと、そのプロモーションを支援するワンメディアが展開したキャンペーン「新生活応援プロジェクト」の担当者に取材しました。多くのUGCが創出され、プラットフォームを横断した動画の総再生回数は5,000万回を超えたという同キャンペーン。「視聴者を参加者に変える」設計のなかで、TikTokに求めた役割や、「踊ってみた」チャレンジの工夫についても詳しく語られています。

ダイキンが若年層のブランドリフトに成功したTikTok広告

TikTok広告で企業認知31.4%増!将来のエアコン購入層に向けたダイキンのコミュニケーション施策

 ダイキンはTikTokを通じて若年層へのブランド認知向上に成功。こちらの記事では同社が4組の人気TikTokクリエイターを起用して展開し、ブランドリフト向上などの成果を上げた広告について取り上げています。クリエイターとの共同制作や有効な広告メニューの選定について学べる内容です。

ピザハットに学ぶ、フォロワーが倍増した運用の勝ちパターン

9ヵ月でフォロワー5万超を獲得 ピザハットに聞くTikTok運用勝ちパターンの見つけ方

 こちらの記事では、日本ピザハットが取り組むTikTokアカウント運用について紹介。同社では2023年春に運用体制を変更し、そこからわずか9ヵ月でフォロワー数・エンゲージメントが倍増したといいます。同アカウントで意識されていた運用の方針や、ブランドの「らしさ」を活かしたコンテンツ作りなどが語られています。

丸亀製麺の運用に学ぶ「バズの法則」と「カルチャーの違い」

丸亀製麺2023年のSNSを総振り返り Instagram、X、TikTokでの試みを一挙公開

 こちらの記事では、丸亀製麺のソーシャルコミュニケーション戦略を統括している小西香織氏と同領域で支援するホットリンクの担当者に、Instagram/X/TikTokの活用をまとめてインタビュー。2023年4月から本格運用をしたというTikTokについては、徐々に見えてきたという「バズの法則」やそのカルチャー、ユーザー行動の特性に言及しています。

日テレが挑戦した『葬送のフリーレン』のTikTok広告

日テレ『葬送のフリーレン』ヒットを支えたTikTok広告。テレビとTikTokの相性の良さを立証

 こちらの記事では、大ヒットマンガを原作とするテレビアニメ『葬送のフリーレン』のTikTokを軸にした番組宣伝の取り組みを、日本テレビとTikTok for Businessの担当者に取材。両社の話から、TikTokでターゲットにリーチする方法、TikTokライクなクリエイティブを作る方法が見えました。

エン・ジャパンの少ないリソースで成果を出せた広告作り

CPAは約4分の1に、CV数は約4倍に!エン派遣のTikTok広告活用事例

 こちらの記事では、エン・ジャパンの「エン派遣」におけるTikTok広告の活用事例を紹介。同社はTikTokに静止画素材で広告を配信することのできる「カルーセルフォーマット」を活用し、動画素材を用意するリソースを削減しながらTikTokライクな出稿に成功したといいます。TikTok広告に挑戦したいが使える動画素材がない企業、カルーセルフォーマットの特徴や価値、成果につなげるためのポイントを学びたい方におすすめの記事です。

グーネットが幅広いユーザーへのリーチに成功したクリエイター起用広告

グーネット、TikTok広告で車購入の認知と利用意向を大幅向上!低リーチ単価、高成果の戦略とは?

 こちらの記事では、中古車情報メディア「グーネット」を展開するプロトコーポレーションの事例を紹介。同社のデジタルマーケティングを担当する山﨑氏と川口氏、そしてTikTok for Businessの桑原氏、紺野氏に、クリエイター選定やクリエイティブ制作、クロスメディア検証などのコミュニケーション戦略について話を聞きました。

TikTok売れに再現性を生む考え方を解説

お金=広告費で買えないものとは?明石ガクト氏が説く、アテンション時代のモノの売り方・広め方

 こちらの記事では、ワンメディアの明石ガクト氏と余頃沙貴氏に、広告起点の考え方では難しい「TikTok売れ」の仕込み方を取材。特定の企業の事例ではありませんが、動画に対するアテンションから購買にまでつなげる2つのポイントなど、基礎的な考え方を学べます。


 今後も引き続き注目されるTikTok。皆様のマーケティング戦略でもこのような事例を参考にしてみてはいかがでしょうか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/28 07:00 https://markezine.jp/article/detail/45216

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング