SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Z世代の約6割が平日に1時間以上YouTubeを利用【CCCMKホールディングス調査】

 CCCMKホールディングスは、Z世代のSNS利用実態に関する調査結果を公開した。

学生の自由時間は15時以降に集中

 まず、Z世代の平日の自由時間について職業と性別で分析。各時間帯別に見ると、「学生(高校、大学・大学院など)」は自由時間(趣味・SNS・ショッピングなど)が15:00以降で高くなった。最も多くのZ世代が自由時間を過ごしているのは21:00~22:59となり、どの職業・性別も50%を超えた。

クリックして拡大

「SNSの情報を見て疲れる」は女性に多い傾向

 次に、自由時間の行動の1つであるSNSへの意識を調査。「気になったものはすぐにSNSで検索する」に対して「非常にあてはまる」「ややあてはまる」と回答した割合は、学生(高校)/女性で79.2%、学生(大学・大学院など)/女性で70.5%と、特に学生・女性に多い傾向となった。

 また「SNSやインターネットの情報を見ていて疲れることがある」も、女性のほうが当てはまる割合が高くなった。

クリックして拡大

平日に1時間以上利用するSNS、多いのはYouTubeやTikTok

 平日における各SNSの利用時間を尋ねると、Z世代のすべてのグループで「YouTube」は利用率が9割を超える結果に。1日1時間以上利用している人の割合は全体の57.2%となった。

 「TikTok」は、利用者のうち1時間以上利用している人の割合が全体で41.7%と、YouTubeに次いで多くなった。

クリックして拡大

生活満足度が高いのは、1時間以上利用しているSNSがない人

 続いて1時間以上利用しているSNSの数を調べた。結果、Z世代全体で「なし」は29.0%となり、残りの71.0%はいずれかのSNSを1時間以上利用していた。1時間以上利用しているSNSが2つ以上ある人は、どのグループでも男性より女性が多かった。

 さらに1時間以上利用しているSNSの数別に生活への満足度を調査したところ、1時間以上利用しているSNSが「なし」の人が平均点65.5点・中央値70.0点となり、最も現在の生活への満足度が高くなった。

クリックして拡大

【調査概要】
調査方法:インターネット
調査期間:2024年2月13日(火)~2月19日(月)
調査対象:全国男女16~24歳のT会員
サンプル数:1,564サンプル
各グループの定義:学生(高校)→高校生、学生(大学・大学院など)→専門学校・短期大学・高専生と大学・大学院生および浪人生、社会人→学生以外

【関連記事】
CCCMKホールディングスとポトス、若年層の声をもとに企業のマーケティングを支援するパッケージを提供
音楽関連の年間消費額、アーティストグッズ購入者の最多回答は「1~1.5万円未満」/CCCMK総研調査
約4割が今後1年もオンラインで習い事を受けると回答 半数以上が生活変化を実感【CCCMK総研調査】
約70%が値上げを実感、物価高でも「自分の健康」と「お祝い事」への金額に変化なし【CCCMK調査】
ミドル世代の約68%が趣味を持ちたいと回答 家族との同居形態で意識に差【CCCMK調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/04/09 13:00 https://markezine.jp/article/detail/45267

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング