SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フラー、エンタメアプリ市場調査レポート2024を公開 主要都市では動画配信サービスが人気

 フラーは、7月10日、同社が提供するアプリ市場分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積するデータを基に、動画配信サービスやライブ配信アプリなどのエンタメアプリの最新動向や特徴をまとめた「エンタメアプリ市場調査レポート2024」を公開した。

 以下、一部内容を紹介する。

エンタメアプリの数は全体の約6%に

 エンタメアプリ市場の基本情報を調べたところ、すべてのカテゴリーのアプリ数が38,009個あるうち、エンタメアプリの数は約6%にあたる2,336個となった(App Apeで2024年4月にMAU500以上を計測したアプリ)。

 また、1日におけるアプリの平均起動回数は、すべてのカテゴリーの平均が3.2回に対して、エンタメアプリは3.4回となった。

【クリックすると拡大します】

主要都市では動画配信サービスの利用が多い

 次に、Google Playのエンタメカテゴリーおよび動画プレーヤー&エディタカテゴリーに属するアプリでMAUが一定以上のものを対象に、10の都道府県におけるMAUに占める各エリアのユーザー比率が5%以上のアプリを抽出した。

 その結果、東京や大阪などの主要都市ではYouTube、TikTok、TVerなどが上位に並んだ。このことから、主要都市においては動画配信サービスが数多くのユーザーに使われていることがうかがえる。

【クリックすると拡大します】

【調査概要】
方法:フラーが提供するアプリ市場分析サービス「App Ape」による調査。国内約50万台のAndroid端末から収集したサンプルデータのうち、一定の条件を満たしたものを抽出し分析。
対象アプリ:Google Playでエンタメカテゴリーおよび動画プレーヤー&エディタカテゴリーに属するアプリを「エンタメアプリ」と定義。
対象期間:2024年4月

【関連記事】
電通デジタルとフラー、業務提携を締結 モバイルアプリ市場の進化と新たな価値提供を目指す
フラー、小売やライフスタイル関連アプリ動向のレポートを公開 アプリ数は全体の10%弱
旅行系アプリTop50の合計MAUは約910万人/MAU最多は楽天トラベル【フラー&テスティー調査】
ヤプリとフラー、資本業務提携を発表 3つの連携を行い企業のアプリ開発と運用価値向上を目指す
アドインテ、ツルハグループのリテールメディアの新たな広告メニューを提供 アプリやサイネージを活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/07/11 14:15 https://markezine.jp/article/detail/46209

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング