SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

EVERRISE、JetJunctionにデータカタログ機能を追加 GA4の分析データの管理が簡単に

 マーケティングDXにおけるテクノロジー支援を行うEVERRISEは、Googleアナリティクス4(以下GA4)のデータを簡単に抽出・集計できるツール「INTEGRAL-CORE JetJunction(インテグラルコア ジェットジャンクション、以下 JetJunction)」のデータカタログ機能をアップデートした。これにより作業工数を削減するとともに、よりデータを管理しやすくなる。

画像を説明するテキストなくても可
GA4データを利用した発展的な分析を行う場合の工程
クリックすると拡大します

 JetJunctionは、通常は工数がかかるGA4のRAWデータの収集・加工・連携作業を、管理画面上で完結できるツール。初回のデータ連携だけでなく、カスタムイベントの追加による変更なども行える機能をもつ。またAWS環境をメインで使っている場合でも、本ツールを使えばGA4のデータをAmazon RedshiftおよびAmazon S3に出力できるため、BigQueryの管理コストを削減できる。

 そして今回のアップデートで追加された「データカタログ機能」は、GA4のRAWデータをリスト化し、説明のコメントを追加・編集できる機能だ。これにより、RAWデータ抽出に必要な情報を画面上で確認できる。またデータのリストを明示して説明を記載することで、品質を担保する役割を担う。

画像を説明するテキストなくても可
JetJunctionのデータカタログ機能
クリックすると拡大します

 これにより、カラム名と説明を確認できるようになり、データのレイアウトの設定が簡単に行えるようになった。また複数のカスタムサマリを作成する場合や、複数のメンバーで設定・変更する場合にも、データを把握しやすくなる。

【関連記事】
EVERRISE、JetJunctionのデータ加工機能をアップデート データ加工の自由度が向上
EVERRISE、GA4のデータ抽出・加工をスムーズにする「JetJunction」をリリース
EVERRISE、プライベートアドサーバー「ADmiral」をリニューアル 広告収益の向上を実現
EVERRISEのCDP「INTEGRAL-CORE」、Google広告/GAとの連携機能を強化
EVERRISEが「INTEGRAL-CORE」のUIを操作性重視で刷新 データ統合の支援も開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/07/11 18:15 https://markezine.jp/article/detail/46230

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング