SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google検索シェア、米英では7割、豪では9割に届く勢い

 調査会社comScoreとHitwise社が毎月発表している米国の検索エンジンランキング。今年1月から6月までのデータを、それぞれまとめたものが以下のグラフ。いずれも数値は異なるものの、Googleが2位以下に圧倒的な差をつけている。

comScoreによる米国検索シェア推移
(2008年1月~6月)

 Google、Yahoo!、Microsoftの検索エンジンを指して“三大検索エンジン”と呼んだ時期もあったが、米国でのGoogleの強さは際立っており、まさに“一人旅”状態が続いている。この状況はHitwiseのデータでも同様で、Googleが微増、Yahoo!とMicrosoftは微減となり、その差がますます開きつつあるようだ。

Hitwiseによる米国検索シェア推移
(2008年1月~6月)

 両調査会社は毎月ではないが米国以外の国のデータも発表しており、comScoreが発表した2008年5月時点のGoogleの英国での検索シェアは74.4%。Hitwiseが発表した2008年6月時点の、英国とオーストラリアの検索シェアはいずれも87%を超えており、90%に迫る勢いとなっている。

Hiwiseによる2008年6月の
英国(左)と豪州(右)の検索シェア

 MicrosoftのYahoo!買収提案の成り行きを世界中が注目していた半年近くの間、Googleは着実にそのシェアを伸ばし続けてきた。結局買収は実現しなかったが、たとえ成功したとしても容易には埋められないほど、かつての三大検索エンジンの間には大きな差があいてしまったようだ。

【関連記事】
Googleインデックス、ついに1兆を超える
Yahoo!がアイカーン氏と和解、氏を取締役会のメンバーに
Yahoo!、Microsoftとアイカーン氏のYahoo!解体案を拒否、「こんな提案を我々が受け入れると思ったのか」
Yahoo!とGoogleが広告事業で提携、あくまでもYahoo!の独立性は維持

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/28 18:30 https://markezine.jp/article/detail/4757

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング