SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題の書籍を紹介!

【ネット視聴率】主要テレビ局サイトの利用者数の推移

 「ネット視聴率」にフォーカスした書籍「ネット視聴率白書」が8月7日から発売されます! 発売記念企画として年齢別・ジャンル別の人気サイトランキングの一部を掲載していきます。使えるデータが満載の内容となりますので、ネットマーケティング関係者は必読です! 購入/予約はこちらからどうぞ!

 この記事は「ネット視聴率白書2008-2009」の第3部の一部を掲載しています。

Data1:主要テレビ局サイトの月間利用者数の約8年間の推移

 主要テレビ局サイトの月間利用者数の約8年間の推移を表したものが、下図である。関東キー局のサイトは現在月間200万人から700万人程度の利用者を確保している。各サイトとも2005年までは順調に利用者数を増やしてきているが、最近の3年は各サイトとも利用者数は横ばいとなっている。

 各局が持っているテレビ番組というコンテンツを生かしながらユーザーを拡大させてきている。番組関連のコンテンツがよく見られている関係で、テレビ番組の人気によってサイト訪問者の増減も変化するため、短期間でみると利用者数の変動が大きい。

 各サイトとも、「ヤフー」や「グーグル」での検索からの訪問割合が4割前後と高い。番組を検索エンジンで検索して、テレビ局のサイトに訪問するといった利用形態になっている。

 NHKで動画を流している、「インターネットテレマップ」や「コレ見て!ムービー」などは、それほどは見られていない。動画投稿サイトとは見られ方が違うようだ。

 この他にも役立つデータ満載!ネットマーケティングに関わる方は必携の書です。ご購入はAmazonSEShopからどうぞ

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Data2:NHKオンライン[日本放送協会]

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
話題の書籍を紹介!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

衣袋 宏美(イブクロ ヒロミ)

インターネット視聴率データとアクセス解析データを使いこなすWebアナリスト。 ネットレイティングス株式会社フェロー。1960年東京生まれ。東京大学教養学部 教養学科卒業。大手電気メーカー勤務後、日経BP社インターネット視聴率センター長を経て、2000年、ネットレイティングス入社、視聴率サービス立上げ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング