SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

インターネット見聞録

2008年秋、第二次ブラウザ大戦勃発か? もっともっと速くて正確なブラウザを使いたいんや!


 夏にストリートビューで賛否両論をまきおこし話題をかっさらっていったグーグルが、秋口早々と次の一手を打ってきた。まさかのブラウザリリース! 6月に「爆速」をうたってリリースされたFirefox 3より速いというその名は「Google Chrome」(非公認愛称「ちょろめ」)。これはひょっとしてあの忌まわしき「ブラウザ戦争」の再発か? この秋はウェブブラウザから目が離せない!【連載バックナンバー】

ゾクゾクとリリースされる各社最新ブラウザ

 ウェブブラウザをめぐる状況が目まぐるしい。Mozilla Japanがリリースパーティにユーザーを招いて「Firefox 3」を大々的にお披露目したのが6月26日。それからまだ3か月も経っていないというのに、今度はGoogleが公開した新型ブラウザChromeのβテスト版で話題はもちきりだ。わずか1日で1%のシェアを得たとの報もある。(参考情報:Chrome Grabs 1% in One Day!

 その影に隠れてしまっているが、対抗する各ブラウザも負けてはいない。

 9月にはいってからFirefoxもOperaも次期バージョンのテスト版をリリースしている。Safariでも、Chromeのものよりさらに速いJavaScriptエンジン「SquirrelFish Extreme」を発表。そんななか、タブブラウザの雄「Lunascape」も「世界最速」をうたったαテスト版をリリース。迎え撃つマイクロソフトもIE8のβ2を公開している。

 あまりにさまざまなブラウザのいろいろなバージョンが出ていて混乱しそうなので、今年リリースされた主なブラウザをまとめてみた(表1)。6月半ばに各社の最新版正式リリースが続き、そして夏の終わりからこの秋口にかけてテスト版がバタバタっとリリースされている。偶然とはいえ、なかなかおもしろい傾向である。

2008年の主な(Windows向け)ブラウザのリリース状況
リリース月日 ブラウザ名とバージョン
2月13日 Internet Explorer 7.0 for Windows XP(日本語版が自動更新で配布開始)[*]
3月18日 Safari 3.1 for Windows (正式版)
3月11日 Internet Explorer 8 β1
6月12日 Opera 9.50 (正式版)
6月17日 Mozilla Firefox 3 (正式版)
6月19日 Safari 3.1.2 for Windows (正式版)
8月22日 Safari 4.0 Developper Preview Update1
8月28日 Internet Explorer 8 β2
9月2日 Google Chrome β
9月5日 Firefox 3.1 (Shiretoko) α2
9月11日 Opera 9.6 β1
9月16日 Lunascape 5.0α1
[*] リリース自体は2006年10月。Windows Vista(2006年11月発売)にも標準添付された

IE6の後釜を狙う各ブラウザの傾向と対策

 もっともインターネット全体を見回せば、ウェブブラウザのシェアではいまだマイクロソフトのInternet Explorerが圧倒的に大多数だ。そういう意味では、注目すべきは2月のIE7自動更新開始だろう。つまり、Windows XPとともに長く長く市場を占拠してきたIE6の時代に、ようやく終わりが見えはじめたということでもある。

 IE6とWindows XPのリリースは2001年秋。この組み合わせで7年間も市場を支配してきた。圧倒的であるがゆえに「重い」だの「セキュリティホールだらけ」だの批判にもさらされてきた。

 はたしてユーザーはすんなりIE7に乗り換えるかどうか。自動更新が開始されて半年経つのに、IE6の利用者のほうがまだ多いようだし、むしろ何かに入れ替えなければならないのなら別のブラウザを試してみよう、というひとも多いのではないか。

 とするなら、今こそ各ブラウザがシェアを獲得する絶好の機会といえるだろう。IE6のシェアをかっさらおうとてぐすね引いているのは、いったいどういう面々なのか。

 どうせ試すなら、少しでも最新版をということで、開発版の入手方法などもあわせて紹介しよう。どのブラウザがほんとうに速いのか? 試してみるのも秋の夜長の過ごし方としては一興だろう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Google Chrome/Safari

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
インターネット見聞録連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

モーリ・タロー(モーリ タロー)

フリーダムなIT系編集者・ライター 90年代半ばからIT系書籍編集者として『FreeBSD徹底入門』『ウェブログ入門』『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』などを手がける。 2008年に独立し、ソーシャルメディア、オープンソース関連を中心に執筆活動を行う。 2012年4月から、株式会社はてな シニア・エディター。●hatena: http://www.hatena.ne.jp/mohri ●twitter: http://twitter.com/mohri ●Facebook: http://www.facebook.com/imkt5l

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/11/28 19:36 https://markezine.jp/article/detail/5547

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング