SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ペットにかける費用は1か月で「3000円未満」が約5割

 マイボイスコムは、9月にウェブ形式のアンケート調査を行い、15,293人(男性46%、女性54%)から回答を得た。現在ペットを飼っているかをたずねたところ、「飼っている」と答えた人は35.8%。「以前は飼っていたが現在は飼っていない」という人もほぼ同数の34.6%で、あわせて7割の人がペットとの暮らしを経験している。飼っているペットの種類で最も多いのは「猫」で、「魚類」、「小型犬」、「中型犬」が続く。

ペット所有状況

 現在ペットを飼っている人に、ペットの世話にかかる1か月あたりの費用をたずねたところ、最も多いのは「1000円未満」(25.6%)で、「1000~3000円未満」(22.0%)とあわせると、3000円未満が半数近くを占める。費用の内訳で最も多いのは「食費」で、「トイレ用品」、「医療費(予防接種など)」、「お手入れ・ケア用品」などが続く。また、少数ながら「ペット保険」という回答もあった。

ペットの世話にかかる1か月あたりの費用

 ペットを飼う上で困ることとしては最も多いのは「抜け毛」で、「長期旅行に出かけられない」「臭い」のほか、「ペットが死んだりいなくなったときの精神的な負担」や「ペットが死んだときの埋葬などの対応」をあげる人もいた。

 ペットに対する思いについて「家族の一員」という回答が多かったが、「あくまでもペットで、家族の一員としては考えていない」、「家のベランダに半分住み着いている外猫、大家と店子のような関係」、「爬虫類(カメ)なのでなつかないが、たまにじっと見られると異星人とのコンタクトを図っている気分になる」という人も。

【関連記事】
アリアンツ・ペット保険、ベネッセの「いぬのきもち」「ねこのきもち」ブランドで販売
発言小町ユーザーの半数以上を占める「猫派」のために「ペットコーナー」オープン
千趣会、ペットのしつけ教室付きツアーを販売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング