SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

音楽関連サイトビジター数1位は「Yahoo! Music」、配信サイトでは「mora」が人気

日本で人気の音楽サイトは?

 発表された資料によると、8月に音楽関連サイトを訪問した人は、日本のインターネット利用者の4割にあたる2,200万人で、1人あたりの平均滞在時間は16分、平均訪問回数は5回。このカテゴリーで最も多くの訪問者を獲得したのは「Yahoo! Music」で、ユニークビジター数は730万人、2位は「Sonny Connect」(300万人)、3位は「Sony BMG Music Entertainment」(270万人)となっている。

 また、音楽配信サイトについては、1位の「Mora.jp」が139万人のユニークビジターを獲得、2位は「Morawin.jp」の138万人で、両者はほぼ同じユニークビジターを獲得している。Mora.jpとMorawin.jpは、ともにレーベルゲートが運営するサービスで、前者はウォークマンやPSP、au携帯などATRAC形式、後者はドコモやソフトバンク、イー・モバイル、ウィルコムなどWindows Media形式の配信サービスを行っている。

 一方、月額制の音楽配信サイトである「Napster」は、ユニークビジター数は少ないものの、平均滞在時間が93分と他のサイトを圧倒。平均訪問回数も4.4回と他のサイトを上回った。また、インディーズ音楽を扱う「Muzie.jp」の平均滞在時間は21分、平均訪問回数は4.1回とNapsterに次ぐ高い数字を記録している。

日本のiTunes人気は世界トップレベル

 また、楽曲の購入やファイル管理機能を持つAppleのソフトウェア「iTunes」の利用動向を見ると、日本では1,360万人が使用しており、国内のインターネット利用者の24%に達している。この普及率はインターネット利用者の多い主要5か国(日本、米国、英国、フランス、ドイツ)の中で最も高く、2位の英国とともに世界平均(11.2%)の2倍以上となっている。

【関連記事】
ミクシィが音楽サービス「mixiミュージック プラス」を今夏スタート、広告戦略は博報堂DYとタッグ
iTunes Storeの1人勝ちにMySpaceが「待った!」、レコード3社と音楽販売ビジネス参入
YouTubeにAmazonとiTunesの「お買い物」リンクを設置
アップルの2つのオンラインストア、App Storeはダウンロード数1億本を突破、iTunes Storeはレコメンド機能で活性化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/11/10 13:45 https://markezine.jp/article/detail/5851

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング