SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

家電芸人TKO木本の「Mac芸人ライフ」

【iPhone実践編】ネタをメモ&管理する
テキストで、写真で、音声でアイディアを放り込め

 「アメトーーク!」の「家電芸人」としてブレイク中のTKO木本さんは、差別化をはかるためMac芸人を宣言しました。前回のテーマは「ひらめく」でしたが、今回はそのひらめいたネタをメモ&管理する方法についてです。紙のメモ帳と異なる点は、「共有」にあります。【バックナンバーはこちら】

「電脳ネタ帳」iPhoneで、さくさくネタ整理&アーカイブ

木本 思いついたネタは、基本的にはネタ帳にどんどん書いてますけど、iPhoneがネタ帳になるってどんなふうにですか。モバイルで文字を入力するのって、結構めんどうなんですよね。

小山 まあね。でも、文字の他に画像も音声も、それからGPS情報も入力できるうえに、整理がラクで、探すのも簡単。だから、結局トータルでは手間が省けるんですよ。そうして書いたメモを整理するのに、お薦めなのが「Evernote」です。これで、テキスト、写真、音声をインプットでき、Webを経由してPCと同期できるんです。PC側にもインストールしておけば、PCからでもiPhoneからでも出入力できるってことですね。

木本 便利ですね~。これならなくさないし、簡単でいいなあ。でも、僕の場合、書いたメモの意味を忘れたりするんですよ。

小山 それならぜひ、「Snapshot Note」を使ってくださいよ。写真にタイトルとメモが付けられて、さらに自動的に作成日時と位置情報が加えられるんです。あの日あの時あの場所でメモした、とわかれば、思い出しやすくなるでしょう。

木本 そっか。となると、どんどんメモを取るのが楽しくなるし、おっくうじゃなくなりそうだなあ。そうなると、今度は取ったメモをどんなふうに整理していけばいいんでしょう。僕、ネタ帳もやっぱり手放せないと思うんですけど。

小山 ネタ帳と入力したメモを時系列で管理するといいと思いますよ。ネタ帳に日付を振って、iPhoneのメモとは時間軸で同期させていく。今すぐに使わないメモも、どんどんGoogle Documentなどに入れてしまえば、すきま時間でiPhoneを使って見ることもできるでしょう。メモばかりでなく、紙文書などをスキャンして入れておくと便利です。

木本 これは相方やマネジャーにも、iPhoneをもたせたいなあ。相方の木下は面白いことをたくさん思いつくんだけど、端から忘れていくんですよ。忘れる前に、上げておけってね。マネジャーも大事な書類はなくす前に、上げておいてねって。で、それぞれ外出先ではiPhoneで見る。くー、かっこいいなあ。(次ページへ続く)

TKO HACKS! エントリー No.3「Evernote」

 なんでも思いついたら、テキストや写真に残してどんどん放り込む。PCとiPhoneの両方が入力元であり、出力先になるというアプリ。PDFにも対応しているため、紙の書類を電子化して管理しておくこともできる。おすすめの機能「Snapshot Note」は写真に自動的に日時と場所のデータが加えられる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
共有してアイディアを広げる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
家電芸人TKO木本の「Mac芸人ライフ」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/01/15 11:00 https://markezine.jp/article/detail/6207

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング