SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました

【会社訪問】「会社の成長」と「自身の成長」を実感できるカカクコム


 ちょっと気になる感じの会社におじゃまし、社長さんやスター社員にインタビューしてみよう!というこの企画。今回は、カカクコムで2008年に立ち上げたサイトのうちの1つ、「PHOTOHITO」プロデューサーの杉山さんにお話を聞いてきました(この記事は、CAREERzineから一部を転載したものです)。

「価格.com」を筆頭に多彩なサービスで消費生活をサポート

 「少しでも安くていいものを買いたい」という思いは、誰しも同じ。何か買い物をする際に、まずは価格比較サイトを見て最安値やクチコミをチェックするという人も多いのではないだろうか。こうした価格比較サイトの先駆けであり、日本最大級の規模を誇る「価格.com」を運営するのが、株式会社カカクコムだ。

 個人サイトからスタートした価格.comは、いまや月間利用者数1728万人、月間総ページビュー7億1886万の巨大サイトへと成長(2008年12月時点)。また、価格.comのほかにも、グルメ・レストランのクチコミサイト「食べログ.com」や高級ホテル・旅館の予約サイト「yoyaQ.com」など、さまざまなジャンルの消費者支援型サイトを展開し、それぞれの利用者数も順調に増加している。

 「私が入社したのは3年前ですが、当時の売上規模は約29億円で従業員数は80名ほど。現在では、グループ連結で従業員数が約260名、売上高93.5億(2009年3月期予想)となっています。サービスの成長とともに、会社の規模も拡大してきました」と語るのは、同社執行役員 システムプラットフォーム部長の杉山真也氏。

 2003年10月に東証マザーズへ上場後、2005年3月には早くも東証一部へ上場を果たしたことで「ネット企業の成功例」として注目を集めた同社だが、その後もハイペースで成長を遂げてきたことがうかがえる。

“主役”であるユーザーの利便性を追求し続ける

 BtoCのネットビジネスの世界は競争が激しく、淘汰されて消えていくサービスも多い。その中で、カカクコムが業績を伸ばし続けてこられたのはなぜか。杉山氏は次のように語る。

 「カカクコムがミッションとして掲げているのは、“ユーザー本位の新しい購買支援サービスを創出し続ける”ということ。価格.comでいえば、ユーザーが何か購入するときに役立つ有益な情報をいかに提供できるかが第一です。それが結果的に、ショップにとってはモノやサービスが売れるというメリットにつながり、ビジネスとして成立しているわけです。あくまでユーザーの視点に立ったサイトを作り、ユーザーの利便性を追求したサービスを提供しているところが、我々の最大の強みだと捉えています」

 その点では、「純粋に競合として意識している会社はない」という。(この続きはCAREERzineでどうぞ!)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

CAREERzine編集部(キャリアジンヘンシュウブ)

プログラマやウェブマーケターなど、IT&ウェブ業界でのキャリア構築を支援する無料ウェブマガジンCAREERzineの編集部。出版社の歴史と信頼、ウェブマガジン編集部のフットワークと情報力を活かして、読者の皆さんのよりよいキャリア構築をお手伝いします。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/01/21 14:23 https://markezine.jp/article/detail/6270

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング