SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リピートの魔術師が指南!マーケティングROI劇的向上塾

【儲かるネット通販】セールスメールも見た目と性格が9割

 第2回コラムでは、「いかにして即ゴミ箱行きにならないようなメール作法をとるべきか」について、「送信タイミング」「送信元/タイトル情報」などいわば、“メールを開封するまで”を中心に解説した。今回は、開封後のメールの内容について解説したいと思う。【連載バックナンバー】

再度言うが「セールスメールは捨てられる」という認識からスタートする必要がある

 自分で申し込んだメルマガなのに、自分で許可した案内メールなのに、消費者は内容をよく確認もせずにメールを捨ててしまう。

 現実の世界でも「今度食事に行きましょう!」なんて相手から誘ってきたのに、実際に日時を決めようとすると、レスポンスがよろしくない…なんてことは良くあることだが、ダイレクトレスポンスの世界でも、このくらいが常識であることを認識する必要がある。この認識を忘れてしまうと、自分(= 企業)本位の独りよがりなセールスメール送りつけるだけになってしまい、捨てられるだけでなく、「迷惑メール」としてアドレスが設定されてしまう。

世の中こんなもんです…

メールも“見た目”が重要!!

 「人間の第一印象は、10~15秒で決まり、その一瞬で決まった第一印象は、そう簡単には修正されることはない

 どこかの研究機関の発表は、おそらく読者の多くも知っている話だと思うが、この“第一印象で決まる”という話は、何も人間に限ったことではないと私は考える。

 TVのチャンネルを目的なく選ぶとき、ランチ時にメニューを選ぶとき、洋服を選ぶとき、爆弾を解除する導線を選ぶとき…。メールなのに“見た目”と言うと違和感を覚えるかもしれないが、皆さんが日々遭遇するシチュエーションに当てはめて考えていただきたい。皆さんは日々大量に送られてくる郵便受けのチラシやメールボックス内のセールスメールを破棄するか、読み進めるか決めるのに何秒かけているだろうか? 私はせいぜい1通当たり3秒程度しかかけていない。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ではどのような“見た目”にすべきか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
リピートの魔術師が指南!マーケティングROI劇的向上塾 連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

本松 慎二郎(モトマツ シンジロウ)

1977年福岡生まれ、福岡育ち。 西南学院大学法学部卒業後、福岡銀行に入社。その後、accenture、株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)にて、クライアントの売上げ・生産性向上を軸としたコンサルティング業務に従事。現在は通販王国と言われる九州において、インターネット広告を中心とした総合プロデュー...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/10 11:00 https://markezine.jp/article/detail/6371

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング