SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Googleの「もしかして」機能がパワーアップ

 Googleの「もしかして」機能とは、ユーザーから受け取ったキーワードについて「もしかしてこれを入力したかったんじゃないかな?」と、Googleのコンピュータが判断した場合に、簡単に訂正できるようにするためのもの。Google東京オフィスでは、この機能をよりベンリに利用してもらうため、新しいインターフェイスを模索してきたという。

新くなった「もしかして」のインターフェイス

 今回、公開された新しい「もしかして」では、訂正後のキーワードを「もしかして」と表示するだけでなく、有用と思われる場合には、そのキーワードでの検索結果の最初の2件も表示する。また、ユーザーが入力したキーワードで探したい場合のために、入力キーワードでの検索結果も表示される。このインターフェイスは、東京オフィス発の新機能だが、すでに他言語でも利用可能となっている。

【関連記事】
「Google ビデオ」日本版公開、YouTube以外も検索可能に
Googleが新デザインのファビコンを発表
ガチャピンもびっくりの大活躍、Googleマップ「ストリートビュー」の人型アイコン「ペグマン」に注目

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/01/30 11:30 https://markezine.jp/article/detail/6447

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング