SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

裁判員制度をテーマにしたDS用ゲーム「有罪×無罪」5月21日発売

 このゲームは、プレイヤーが“裁判員”の視点で真相を究明するゲームで、これまでの推理ゲームとは違った観点からの推理や洞察力が求められる。ゲームの監修は、元検事総長の松尾邦弘氏が行い、法廷でのリアルなやりとりを再現している。

「有罪×無罪」(5,040 円)は、法廷でのやりとりをリアルに再現

 ゲームは、プレイヤーが裁判員に選ばれるところから始まり、裁判員の1人として、証拠品や証言、被告人への質問、他の裁判員との評議などから有罪とも無罪とも取れる事件の真実を探し出し、判決を下す。「有罪」「無罪」の判決はプレイヤーの選択、行動によって変わるため、細かな検証作業や、大胆な推理がカギとなる。ゲームは裁判員制度がスタートする5月21日に発売される。

【関連記事】
はてな、ネットの話題を届ける「はてなブックマークニュース」開始、外部メディアへも配信
まさかの京都つながり 任天堂とはてながコラボレーション
電子機器を使って勉強するなら「DS」、5人に1人が利用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/06 15:17 https://markezine.jp/article/detail/6779

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング