SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

中国シニア層の8割はメールでコミュニケーション、ロシアの人口より多い巨大消費パワーを探る

 中国のシニア層は1億4300万人にのぼり、ロシアの全人口を上回る規模となっている。Ogilvy & Matherは、これまでマーケティング的に注目されることのなかった、この世代のライフスタイルと消費動向を探る調査を行った。調査は2008年3月に北京と上海、成都と佛山という規模の異なる都市で開始され、60~75才の男女1100人から回答を得た。

 中国のシニア層1人あたりの消費力は2005年の1620ドルから、2015年に4112ドルまで増加すると見込まれることから、彼らのニーズをつかむことが必要不可欠となる。そのライフスタイルに注目すると、調査対象者の85%は、電子メールを使って友人と連絡をとりあっており、毎月の出費のうち、通信費は食費、生活費、光熱費に続いて4番目で、医療費より多くなっている。

今回の調査は、北京と上海、成都と佛山という規模の異なる都市で行われた

 シニア層が買い物に利用しているのは、スーパーと大型スーパーで、上海では84%が、北京では96%に達している一方、規模の小さい成都と佛山では、それぞれ50%と47%にとどまっている。また、健康と病気の予防のために、76%の人が定期的に運動をし、39%はサプリメントなどをとっている。

 西洋文化が中国社会に良い影響を与えると考える人は57%で、中国の国際化や、国民の生活水準の向上につながるとしている。しかし、外国のものをなんでも受けいれてしまう若者たちのことを心配する人も多い。また26%がリタイアメントホーム(高齢者専用住宅)で生活することに前向きであり、ほかの高齢者や家族との交流を求めているという。

 今回の調査からOgilvy & Matherは、ヘルスケアだけでなく、旅行、レジャー、投資情報サービス、テクノロジー、食品などでも、中国シニア層をターゲットにしたビジネスの可能性があると分析している。しかし、中国に進出したマクドナルドは、世界的な不況の影響で手軽で安い中国本来の軽食に客が回帰しつつあることから、低価格のセットメニューの投入や、ネットを通じたプロモーションに力を入れており、若年層においてもそのマーケティングは容易ではない。しかし、ロシアの人口よりも多い中国シニア層が、世界の企業が注目するに値する消費パワーを秘めていることは間違いなさそうだ。

【関連記事】
長くなる夫婦生活、シニア夫婦の感情は「愛情」から「友情」やがて「無関心」に変化
シニアの「ドラマを観たくなる有名人」1位となった「キムタク」ブランド支持層の高齢化?
生命保険料の見直しで料金が安くなった人は6割超、高齢者は見直しにリスクを感じる人も
中国エリート教育の崩壊、高学歴者の質の低下と就職難の現状【中国労働力調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/18 18:45 https://markezine.jp/article/detail/6892

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング