SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

国内最強ポータルの底力を見せるか、ヤフーが「行動ターゲティング広告」配信スタート

 ヤフーは、「Yahoo! JAPAN」において、行動ターゲティング広告のネットワーク配信を開始することを2月13日に発表した。

 サイト利用者の行動履歴を収集し、セグメント化することで、適切な広告配信を可能にする「行動ターゲティング広告」。今回展開するのは、米Yahoo!の広告テクノロジーを日本市場向けにカスタマイズしたもの。Yahoo! JAPANの利用者がどのようなサービスを閲覧したか、どんなキーワードで検索したかをもとに、興味・関心別の約800のグループに分類し、広告したい商品やサービスに興味・関心をもつグループのみに、閲覧中のページ内のコンテンツとは無関係に広告を配信する。

 2006年12月にネットレイティングスが発表した「データクロニクル2006・ファクトシート」の「ドメイン別利用率」と「プロパティ別利用率」のランキングで、2001年から不動の1位を続けているYahoo! JAPAN。この国内最強のポータルサイトで得られたユーザー行動履歴は、広告ネットワークの媒体価値を高めるのに十分といえるだろう。

 広告配信開始時には、Yahoo! JAPANはもちろん、「Impress Watch」、「ITmedia」、「ORICON STYLE」、「クックパッド」などの大手人気サイトが媒体として参加。広告会社を通じた広告主への販売は2月13日から開始し、広告配信は4月からの予定となっている。

プレスリリース:「Yahoo! JAPAN、行動ターゲティング広告のネットワーク配信を開始」
参考資料:「Yahoo! は不動の1位、ISP系に代わって楽天、アマゾン、GMOが台頭。ドメインランキング・プロパティランキングにみるメインプレーヤーの変遷」 (PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング