SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!プロモーション広告をマンガで理解!(PR)

APIの活用による広告システムの進化【前編】

規模の大小や業界を問わずさまざまな事業者が、APIを公開して他社との連携を図ることで新たなサービスを数多く生み出ているが、広告サービスでもこのような動きは活発化している。今回は、オーバーチュアAPIの事例を通じて、サービス開発・協業スタイルのヒントを探ろう。

※2013年1月29日よりYahoo!リスティング広告はYahoo!プロモーション広告に名称変更しました。

APIを通じた連携が広告サービスを活性化

 ネットサービスの進化にAPIを通じた連携が重要なカギを握っているのは周知の通りだ。規模の大小や業界を問わず、さまざまなサービス事業者がAPIを公開して他社との連携を図ることで、新たなサービスが数多く誕生している。「API提供事業者」「サービス開発事業者」「サービス利用者」の三者にWIN‐WINの関係が築かれ、インターネットがさらに豊かになるという循環が起きているのだ。「独占」から「共有」へとシフトしつつある現在の潮流を反映したとりくみだといえるだろう。

 「スポンサードサーチ」「インタレストマッチ」の広告サービスを提供するオーバーチュアも、自社サービスをAPIで公開している事業者のひとつ。オーバーチュアでは2008年8月よりAPIを一部のパートナーに公開していたが、現在は、その範囲を拡大している。

「テクノロジーソリューションポータル」(オーバーチュア)
スポンサードサーチAPI、インタレストマッチAPIの仕様やFAQなどを利用・閲覧できる

「公開するだけ」では何も生まれない

 具体的には、オーバーチュアのAPIはどのように活用され、どのようなサービスを生み出しているのだろうか。ここでは、オーバーチュア株式会社 テクノロジーソリューション マネージャー 小沼 剛氏と、本田 烈氏にお話をうかがった。

 「私どもが提供しているのは、スポンサードサーチとインタレストマッチの広告管理用のAPIです。APIの機能提供だけでなく、わかりやすいドキュメントを用意したり、サービス開発の打ち合わせに参加したりなど、一般的な『API公開』のイメージよりも深い範囲でのお手伝いも行っています」(小沼氏)

 APIを利用しているのは、オーバーチュアの代理店および自動入札ツールに代表されるツールプロバイダー。単なるプログラムを介したデータのやり取りという従来のAPI利用の枠組みを超えたパートナーシップを結ぶには信頼関係が不可欠と考える。パートナーになるには、APIを利用したビジネスプランの提示やヒヤリングなどを通じた審査が必要だ。審査にパスし「テクノロジーソリューションパートナープログラム」の契約を締結すると、次のようなサポートを受けることができる。

・ライセンスキーの提供
・テスト環境(サンドボックス)ライセンスキーの提供
・各種技術ドキュメントの提供
・開発キットの提供
・認定ロゴの使用
・ビジネスコンサルティングサポート
・技術サポート
・バージョンアップ時の各種情報提供

 「パートナーの皆さんからとくに評価いただいているのは、APIを使ってどういった形のビジネスを行うのかということまでを含めたトータルサポートを行なっている点です。一般的なものへと普及しつつある、APIを通じたサービス開発ですが、技術ドキュメントを提示して、『ここを見てください』と一方的にサービスを提供しても、豊かなサービスがすぐに生まれてくるわけではありません。データのやり取りをスムーズに行うための技術的なサポートはもちろんですが、効果的な広告出稿に関するノウハウ、これに関する広告主や広告代理店の問題意識やインターネット広告市場の動向など、技術の周辺への知見がないと、付加価値の高いサービスは作れません。そのあたりも含めて、できる限り深く、オーバーチュアのもつノウハウをパートナー各社にご提供しています」(小沼氏)

 確かに、技術的な出来・不出来はあっても、API自体は単なる道具。それをどのようにサービスとして具体化するかは一筋縄でいかない。コンサルティングを受けられるのは、パートナーにとって願ってもないことだ。テクノロジーソリューションの名の通り、パートナーの問題解決に重きを置いている。

 「パートナーとは密な連携を組み、サービスモデルの根幹から議論を重ねていきます。その結果、検索連動型広告の自動入札ツールや効果測定ツールはもちろん、基幹業務系のシステムと連携した自動出稿のしくみなど、先進的な成果も出始めています」(小沼氏)

次のページ
在庫などの基幹業務系と連動した出稿システムも登場

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Yahoo!プロモーション広告をマンガで理解!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング