SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大日本、42インチの大型ディスプレーを12台連動させたデジタルサイネージを展開

 「トールビジョン」は、42インチの大型ディスプレーを縦に2台つなげたものを横に6列配置し、12面全体を大きなディスプレーとして、1つの映像を表示する。これによって、同サイズの大型ディスプレーよりも低コストでの設置が可能となる。

縦に6分割、上下に2分割などして、異なる映像を連動表示することもできる

 大日本印刷は、「トールビジョン」と、タッチパネル方式で情報を閲覧できる情報端末、パンフレットラック、ポスター用のサインボード(看板)など、さまざまな広告媒体を組み合わせ、駅、空港などの大型施設に向けて販売する。

 JR東日本企画は、7月17日から2010月6月末まで、JR仙台駅2階のコンコースに、「トールビジョン」と情報端末などを設置した情報スペースを開設。情報端末に、おサイフケータイをかざすと、仙台駅発の時刻表や駅周辺地図などの携帯サイトへアクセスすることができる。

 「トールビジョン」の機器は、8月からレンタルまたは販売を開始する予定で、初期導入費用は販売の場合で約800万円。コンテンツ制作費は別途必要となる。

【関連記事】
「デジタルサイネージって何?」一般の認知度は2割
大日本、丸善店頭のデジタルサイネージを使った広告・販促パッケージを販売
複数の携帯画面で1つの広告を表示するデジタルサイネージが登場

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/06/25 12:37 https://markezine.jp/article/detail/7634

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング