SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

タカラトミーがTOTOと「ケータイ音姫」を開発、元祖「音姫」と同じ音源を使用

 TOTOの技術協力のもとに開発された「ケータイ音姫」は、元祖「音姫」と同じフラッシュバルブ音をデジタル録音した音源データを用い、自然でクリアな流水音を再現している。TOTOと共同で行われた音質試験では、携帯サイズという制約条件下での効果も確認済み。色の違う2種類のピンクのデザインで11月25日に1449円で発売される。

小さくても擬音効果はばっちりの「携帯音姫」

 TOTOのデータによると、女性が1回のトイレ使用で水を流す回数は平均2.5回。女性にとって気になる音などを消すために1.5回分余分な水が使われていることになる。TOTOの擬音装置「音姫」は、トイレに常設され、こうした音消し洗浄を減らすのに貢献。1988年の発売以来、累計出荷台数は100万台を突破している。

【関連記事】
JR東日本、トイレの鏡を利用した「化粧室鏡面広告」を展開
機内サービス有料化はどこまで進む?「トイレも有料」の動きも
大和ハウス工業とTOTO、パソコンに健康データを配信できる「インテリジェンストイレII」開発
男性の「座りション派」が約50%に【トイレ使用実態調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/09/08 12:51 https://markezine.jp/article/detail/8290

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング