SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クリック募金・検索募金からマイクロファイナンスまで
社会貢献活動が「身近になった」と感じる人は8割

 アジャイルメディア・ネットワークは、三洋電機キャンペーンサイトの事務局と共同で、「ネット世代の景気と社会貢献に関する意識調査」を行った。調査は9月に行われ、全国の20代・30代の男女1000人の回答をまとめた結果、全体の9割超が社会貢献活動に関心を持ち、8割以上が社会貢献活動が身近になったと感じていることがわかった。

(左)社会貢献活動に関心があるか(n=1000)
(右)商品購入時に、商品を提供する企業が社会貢献活動をしているかを意識するか(n=1000)

 自らボランティアに参加する、団体に寄付をするといった方法以外にも、「クリック募金」「検索募金」「クリック植林」といったネットでできる社会貢献活動や、「マイクロファイナンス(小口投資)商品」など、社会貢献の選択肢は広がっている。こうした参加しやすい活動が増えたこと、ネットの普及で社会問題・環境問題情報が入手しやすくなったことから、社会貢献活動が以前より身近になったと感じている人は、全体の8割以上にのぼっている。

社会貢献活動は、以前より 「身近になった」と思うか(n=1000)

 また、世界的な不景気が続くなか、6割近くの人が「不景気だからこそ社会貢献活動は行われるべき」と考えており、また、約3割が「景気に関係なく社会貢献活動が行われるべき」だとしている。

【関連記事】
環境や社会貢献をうたった商品、「普段から意識して買っている」2割
ホンダ、インサイトで環境にやさしい運転技術を競う「エコグランプリ」開催
エコポイント関連サイトの訪問者が7月に急増、申請サイトは52万人が利用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/09/16 12:55 https://markezine.jp/article/detail/8368

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング