MarkeZine(マーケジン)

記事種別

iPhoneユーザーの6割が有料アプリを1か月に1回以上ダウンロード、App Store内のプロモが効果的

2009/10/05 12:35

 IMJモバイルは9月に、iPhone/iPod touchユーザーを対象として調査を行い、300名から有効回答を得た。このうち、iPhoneユーザーの約8割がiPhoneでサイト閲覧をしており、また約3割のユーザーがサイト閲覧機能を最も利用している。

 また、iPhone/iPod touchユーザーの9割がアプリをダウンロードした経験があり、そのうち6割のユーザーが有料アプリをダウンロードしている。なかでも人気が高いのはゲームで、有料・無料いずれも全ジャンルで最も多くの人がダウンロードしている。

ダウンロードしたアプリのジャンル(複数回答)

 有料アプリを「ほぼ毎日」ダウンロードしているとの回答は約9%で、「1か月に1回以上」ダウンロードしている割合は6 割以上にのぼっている。一方、無料アプリでも「ほぼ毎日」との回答は約9%となり、「1か月に1回以上」ダウンロードしている割合は約8割に達している。また、ダウンロードしたアプリの最高金額は、「600~1000円未満」が最も多く、「600円以上」という回答が全体の5割を占めている。

ダウンロードしたアプリの最高金額(単一回答)

 ダウンロードしたアプリを知ったきっかけでは、App Store内の「無料アプリケーション」が最も多く、「カテゴリ」「有料アプリケーション」といずれもiTune のAppStore内のコンテンツが、「ブログ・SNSでの紹介」「WEBサイト内の広告」といったiPhoneやiTune以外のメディアを使ったプロモーションをうわまわっており、iPhoneユーザーに対しては、AppStore内でのプロモーションの方が効果的であることが明らかになった。

ダウンロードしたアプリ認知のきっかけ(複数回答)
(n=237 ※アプリダウンロード経験者)

【関連記事】
自社のiPhoneアプリ内で、最新のPR情報を提供するInAppPRエンジン「CLOUDIA」
AR(拡張現実)インターフェイス「セカイカメラ」とiPhoneを使った商用サービス登場
iPhoneアプリに広告を表示する「TG Ad for iPhone」初の広告主は楽天トラベル
アイレップ、既存サイトからiPhone用サイトを構築する「iPhone SEM」提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5