SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineメールマーケティング特集(PR)

広告もサイトもメルマガもチラシ感覚が大切
旅行会社大手「H.I.S.」のメルマガ戦略

 航空券やツアーなど、インターネットを通じての旅行の申込みも一般的になっている。格安航空券やツアーなど海外・国内旅行の企画・販売を手がける株式会社エイチ・アイ・エスでは、テレビCMもさることながら、Webサイトやモバイルサイトも積極的に展開している。同社の情報システム本部の野村さやか氏に、Webサイトやメールマガジンなど、インターネットでの取り組みを聞いた。【メールマーケティング特集ページ、絶賛公開中!】

リアルとオンラインを横断する統合的マーケティング戦略

 国内に272の営業所を持ち、海外にも76都市100拠点をかまえる大手総合旅行会社エイチ・アイ・エス。格安航空券の販売からスタートした同社ではあるが、現在では航空券とパッケージツアーの売上がほぼ半々になっている。

 同社はリアル店舗だけでなく、海外ツアーや航空券の販売を行うメインサイトの「H.I.S.」のほか、旅行情報の「ワーナビ」や旅行情報ブログ「旅ブロ」、動画サイト「旅ドガ」、クチコミサイト「旅ナビ」と複数のWebサイトを展開。これに加えてモバイルサイトもあり、さまざまな顧客接点を考慮していることがうかがえる。

 現在、関東エリアだけで7000種を超える海外ツアーを取り扱っており、さらに滞在期間などのアレンジも可能なため、Webサイト上で扱うアイテム数は膨大だ。こうしたオンラインでの商品管理やサイト制作、申込み受付などを担当しているのが、野村氏の所属するeビジネスグループ。野村氏は、さらにこのグループのITプランニングチームで、Webサイトや店舗でのタッチパネルなど、ITを使った商品販売チャネルの企画提案を担当している。

株式会社エイチ・アイ・エス
本社システム本部 eビジネスグループ ITプランニングチーム
野村さやか氏
株式会社エイチ・アイ・エス本社システム本部eビジネスグループITプランニングチーム野村さやか氏

マスメディアとの相乗効果を狙ったオンライン施策

 メインサイトである「H.I.S.」は、ツアーや航空券の予約コーナーだけで月間3千万PV、オンライン予約会員数は約37万人に及ぶ。ユーザーは20代~40代が中心、男女比はほぼ同じで女性が少し多い。コールセンターとモバイル予約、オンライン予約の売上は、年々増加しているという。

「Webサイトの内容をプリントして店舗に来る方もいるので、Webの成果を厳密に計測するのは難しいですね。しかし、つい先日までは全体売上の15%程度とお答えしていましたが、徐々に増えていっているという感覚があります。ただ、弊社の扱う商品の特性上、新婚旅行などのように内容を吟味する必要があったり、比較的高額なツアーになると、店舗でしっかり説明を受けたいというお客様が多いようです」

 H.I.S.では行動ターゲティング情報を基にしたLPOツールをいち早く導入。トップページにある『おすすめコンテンツ』として表示するテキストのナビゲーションと、バナーの2カ所に、サイト内での閲覧履歴をもとにして、ユーザーに最適な内容を表示する仕組みになっている。集客にも力を入れており、純広告と検索連動型広告を中心に、アフェリエイト、SEOなどにも積極的に取り組んでいる。一方、テレビCMでも有名な同社ゆえ、広告予算の大半はマスメディアへの出稿。しかし、マスメディアで認知を高め、オンライン上で効率良くWebサイトへユーザーを迎えられるよう、手段を限定せずに相乗効果を狙っている。

「オンライン広告に関して言えば、弊社では『フェア』といったセールをよく展開しますが、こういった商品は純広告でお客様の目を引くため、フェアが重なる時期は純広告からの流入が多く、フェアが少ない時期は検索連動型広告からの流入が多い傾向にあります。また、テレビCMなどがオンエア中の期間は、自然検索でのサイト来訪が増加します。検索キーワードでは、ピンポイントに社名で検索していらっしゃる方が多いようです」

次のページ
メールマガジンをチラシ的に活用し、間接効果を狙う

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineメールマーケティング特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森 英信(モリ ヒデノブ)

 スマートフォンアプリや雑誌・書籍などの企画制作事業を手がける有限会社アンジーの代表。出版社勤務を経て、1999年より大手出版社の携帯キャリア公式サイトを多数制作。2005年に有限会社アンジーを設立。出版企画およびWeb制作事業を展開。2011年からスマホアプリ開発事業を開始し、2013年に同社がリリースし...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/11/29 13:00 https://markezine.jp/article/detail/8893

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング