MarkeZine(マーケジン)

記事種別

タレントYouTubeチャンネルと企業はどうコラボすべき?広告主向けの活用術

━☆PR☆━━━━━━━━━━━━━━━━
◆無料 20名様・1日限定企画⇒マーケティング専門コンサルタントがノウハウ公開
 【勝ち続ける仕組みづくりをお手伝い】 ブランドプロモーションWeb説明会
 ますます進むデジタル化や、生活環境の変化に対応できておられますか?
プロモーションの重要性と“今”求められる進化・具体策など事例交えてご紹介!
詳細・お申込みは→ 
━━━━━━━━━━━━━━━━☆PR☆━

─[Vol.654] ──────────────
このメールはMarkeZineで会員登録をされた方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。

【夏季休業に関するお知らせ】
MarkeZine編集部は下記期間、夏季休業をいただきます。
2019年8月8日(土)~8月16日(日)

次回の定期メールの配信は8月20日(木)となります。ご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1]今週のホットトピック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。MarkeZine編集部です。
今週のおすすめ記事を紹介します。

【タレントのYouTubeチャンネルと企業はどうコラボすべき?】
タレント・アーティストのDX支援を手掛ける「FIREBUG」が、
エンターテインメント市場とデジタルコンテンツ市場の両面から、
タレントビジネスの動向を解説する本連載。
2回目となる今回は、タレント・アーティストのYouTubeチャンネル運用の裏側、
そして広告主にとってのタレントYouTubeチャンネルの活用術を現場目線で
お伝えします。
https://markezine.jp/article/detail/33895?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

【改正個人情報保護法のパラダイムチェンジとは】
デジタルマーケティングに欠かせないデータの取り扱いを規制する
「個人情報保護法」が、今年改正されました。どのような変更がなされたのか、
GDPRとの違いにも注目しながら行われた板倉陽一郎弁護士の
ウェビナーレポ―トをお届けします。
https://markezine.jp/article/detail/33648?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

【ポストコロナ時代のブランドマネジメント】
新型コロナの影響下により、様々な企業が自社のアセットを活かし、支援策や
メッセージを打ち出す例が見られています。ウイルスとの闘いが中長期化しつつ
ある中、マーケターはいかにして、ブランドや顧客の利益と社会貢献を
両立させることができるのでしょうか。ブランド戦略に明るい中央大学ビジネス
スクールの田中洋教授に、ポストコロナ時代に求められる企業の姿勢と実践を
解説いただきました。

本稿は、定期誌『MarkeZine』第55号に掲載したものですが
記事の一部はMarkeZineのWebサイトでもご覧いただけます。
こちらからどうぞ↓↓
https://markezine.jp/article/detail/33845?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

目次など定期誌『MarkeZine』第55号の情報はこちら↓↓
https://markezine.jp/subscription/?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

第55号からの定期購読申込の締め切りは
8月24日(月)まで、自社EC「SEshop」からのみ
受け付けております。
お申し込みはこちらから↓↓
https://www.seshop.com/product/detail/18482/?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

★Kindleにて「無料お試し特別版」を配布中!
定期誌『MarkeZine』では、現在Kindleにて
過去号から一部を抜粋した「無料お試し特別版」を配布中です。
この機会に、ぜひご覧ください。


【開催まであと約1ヵ月!MarkeZine Day 2019 Autumn】
9月1日(火)- 2日(水)にオンラインで開催する
「MarkeZine Day 2019 Autumn」へのお申込みはお済みでしょうか?

好評につき、<残席わずか><満席>のセッションも出てきております。
参加を希望される方は、ぜひお早めにお申し込みください!

詳細&お申し込みはこちらから↓↓
https://event.shoeisha.jp/mzday/20200901?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email&utm_campaign=mzday20200901

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2]今週の注目コンテンツ  [PR]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1,000人超のマーケターの声を集約!マーケティング最新動向調査】
MarkeZine編集部が総力を挙げて取り組んでいる調査プロジェクト
から『マーケティング最新動向調査 2020』が発売中。
戦略策定・投資判断・社員教育の資料としてご活用ください。
詳しい内容やサンプル、お問い合わせは商品詳細ページへ!
https://markezine.jp/research/marketing2020/?utm_source=markezine_regular_20200806_research&utm_medium=email&utm_campaign=mzr202001

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3]新着記事:15本(2020-07-30~2020-08-06)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆会えない状況でも顧客との出会いを仕組み化
LINEが語る「緊急事態下」の適切なコミュニケーション

2020年春、新型コロナウイルスによって日本の経済活動は深刻なダメージを
受け、また顧客とのつながりを断たれてしまった企業は多い。2020年6月19日に
開催されたMarkeZine Day 2020 Summer Kansaiにおいて、LINEの永田晃一氏は
この状況下でも、企業と顧客が適切なコミュニケーションを取ることで、
顧客の悩みや課題の解決に貢献している事例があると紹介した。
https://markezine.jp/article/detail/33660?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆激動の2020年、上半期に最も読まれた記事は?
夏休みに読みたいMarkeZine人気記事ランキング

2020年上半期、マーケターが注目したのはどんな記事?
MarkeZineの人気記事からマーケティング業界の潮流を探ってみましょう。
https://markezine.jp/article/detail/33978?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆2020年、現実となったマクルーハンの予言
データとUXと自由、その主権とインテリジェンスの意味

有園雄一氏の体験告白から始まる本コラム。不思議体験かと思いきや、
その思考の枠組みは情報の認知・非認知という視点を経て、デジタル主権の
背景と真意にまで到達する。
https://markezine.jp/article/detail/33908?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆2倍のCTR×ユーザーアクションを促進!
ライフネット生命が仕掛ける、マンガ広告の最新事例

ライフネット生命が2倍のCTR×ユーザーアクションの促進を実現できた、
マンガ広告の活用事例について取材しました!
https://markezine.jp/article/detail/33900?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆生活者と共に変化できる企業には、強固なブランドパーパスがある
川添氏が説く急激なEC化を乗り越える術

チーターデジタル ジャパンのWebセミナーシリーズ「マーケティング戦略の
大転換」、第3回はECエバンジェリスト川添隆氏をゲストに「コロナ禍における
オムニチャネルの店舗展開『店舗が閉まればECが伸びるわけではない!』」と
題したセミナーを実施。コロナ禍において注目されるECの今後の見通しと
非対面接触の可能性、そしてブランドパーパスの重要性について掘り下げた。
https://markezine.jp/article/detail/33828?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆事業成長につながるKPIを追求したい!
グノシーが各媒体の売上貢献度/投資の伸びしろをMMMで可視化

Facebook Japanは、統計で施策の総合的な効果測定を行うマーケティング・
ミックス・モデリング(MMM)を提案している。同社からの提案でMMMを実施した
Gunosyは、メディア施策の売上への貢献度について、これまで追ってきた
指標では見えていなかった示唆が得られたという。GunosyとFacebook Japanの
担当者ら4名に、話を聞いた。
https://markezine.jp/article/detail/33774?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆テレビCMの全工程をロジカル&スピーディーに!
ノバセルの企画・制作現場を支えるLINEリサーチ

BtoBシェアリングプラットフォーム事業を展開しているラクスルが提供する、
運用型テレビCMサービス「ノバセル」では、放映だけでなくプランニングや
クリエイティブ制作もロジカルに行う体制を整えている。同社・ストラテジック
プランナーの青山碧花氏に、全工程においてデータを生かすテクニックと、
リサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」の活用方法を聞いた。
https://markezine.jp/article/detail/33788?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆総視聴者数は1,000万越え!
楽天モバイルが国内歴代1位を記録した、ライブ配信発表会に成功した理由

2014年から格安スマホとして認知を広げてきた楽天モバイルは、2020年4月より
自社回線による携帯キャリアサービスを本格的に開始。サービス発表に先がけて
実施されたTwitterでのライブ配信は総視聴者数が1,093万人に達し、
大きな話題となった。今回は、同施策を担当した楽天モバイルの添田貴嗣氏、
重野裕祐氏に施策の裏側を聞いた。
https://markezine.jp/article/detail/33781?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆究極の製品差別化の糸口を「カスタマイゼーション」と
「パーソナライゼーション」から紐解く【論文紹介】

日本マーケティング学会が刊行する『マーケティングジャーナル』の内容を
噛み砕いて、第一線で活躍中のマーケターに向けて紹介する本連載。
今回のテーマは「究極の製品差別化」だ。
https://markezine.jp/article/detail/33861?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆ホットリンクいいたかさんと探る、スポーツ×SNSのこれからの形

スポーツマーケティングのスペシャリストであるプラスクラスの平地さんと、
SNSマーケティングのスペシャリストであるいいたかさんが対談。その中で
わかった、これからのSNS×スポーツの形とは?
https://markezine.jp/article/detail/33899?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆「タレントのYouTubeチャンネル」と企業はどうコラボすべき?
チャンネルコンセプトマップも公開

昨今増えるタレント・アーティストのYouTubeチャンネル。広告主の目線から
見たときに「どうコラボしたら効果が高いのか?」と思う方も多いのではない
でしょうか? 本解説記事でそのヒントを明らかにします!
https://markezine.jp/article/detail/33895?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆KDDIグループが進める、AI×マーケティングの具体的事例を公開
【MarkeZine Day情報】

KDDI×UQのAI活用事例が、マーケター向けイベント「MarkeZine Day」で
明らかに! どのような内容になるのか、ARISE analytics/アクセンチュアの
桝本さんに聞きました。
https://markezine.jp/article/detail/33865?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆オープンから2年経っても行列
変化し続ける市場で“ブレずに売れ続ける”店舗の作り方【お薦めの書籍】

近年数多くのメディアで取り上げられ、いまなお増え続ける高級食パン専門店。
今回は全国160店舗以上のベーカリーを手掛けるプロデューサーが
そのマーケティング戦略を語った著書を紹介します。
https://markezine.jp/article/detail/33910?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆時流に即した指名KW強化でアプリDL数2倍!
集英社×セプテーニのApple Search Ads活用

アプリを手掛ける企業においては、必須の取り組みである「Apple Search Ads
(以下、ASA)」。本記事では、漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」が
シーズナリティに合わせた指名キーワードの強化により、インストールを大幅に
向上させた事例を紹介する。同アプリを手掛ける集英社と、取り組みを行う
セプテーニの2社に運用ノウハウをうかがった。
https://markezine.jp/article/detail/33710?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

◆ファストファッションの成功体験を捨てD2Cにシフト
「セールをしない、トレンドも追わない」覚悟の理由

オイシックス・ラ・大地の西井敏恭さんが、D2Cブランドのキーパーソンたちと
対談する連載。第2回のゲストは、D2Cアパレルブランドを展開する
Never Say Neverの齊藤英太さんです。
https://markezine.jp/article/detail/33772?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4]人気ランキング(2020-07-30~2020-08-05)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 総視聴者数は1,000万越え!
楽天モバイルが国内歴代1位を記録した、ライブ配信発表会に成功した理由
https://markezine.jp/article/detail/33781?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●2位 時流に即した指名KW強化でアプリDL数2倍!
集英社×セプテーニのApple Search Ads活用
 https://markezine.jp/article/detail/33710?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●3位 「タレントのYouTubeチャンネル」と企業はどうコラボすべき?
チャンネルコンセプトマップも公開
https://markezine.jp/article/detail/33895?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●4位 Z世代=「若者」とひと括りにしていませんか?
4タイプの特性とソーシャル利用を解説
https://markezine.jp/article/detail/32511?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●5位 改正個人情報保護法のパラダイムチェンジとは?
板倉弁護士が読み解く法規制とビジネス対応
https://markezine.jp/article/detail/33648?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●6位 事業成長につながるKPIを追求したい!
グノシーが各媒体の売上貢献度/投資の伸びしろをMMMで可視化
https://markezine.jp/article/detail/33774?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●7位 ファストファッションの成功体験を捨てD2Cにシフト
「セールをしない、トレンドも追わない」覚悟の理由
https://markezine.jp/article/detail/33772?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●8位 「プレバト!!」「初耳学」生みの親が語る、
習慣化するコンテンツの秘訣【博報堂中川氏×毎日放送水野氏】
https://markezine.jp/article/detail/33822?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●9位 知らないと恥ずかしい!? IT用語クイズ(全7問)
【セットで覚える用語編】
https://markezine.jp/article/detail/33811?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●10位 ホットリンクいいたかさんと探る、スポーツ×SNSのこれからの形
https://markezine.jp/article/detail/33899?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

<ニュース>

●1位 2020年下半期は「NiziU」や「ツイステ」に注目!
JKのトレンド予測&上半期流行【TT総研調査】
https://markezine.jp/article/detail/33937?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●2位 Twitter、いいねボタンをカスタマイズ可能な広告商品
「Branded Likes」のβ版提供
https://markezine.jp/article/detail/33960?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●3位 2019年、女子中高生の流行語は「ぴえん」「べびたっぴ」
/人気アプリは「SODA」【AMF調べ】
https://markezine.jp/article/detail/32499?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●4位 NTTドコモら、テレビCM・Web広告・デジタルOOHの接触から購買までの
効果測定をID単位で可能に
https://markezine.jp/article/detail/33981?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●5位 Instagram、ショッピング体験を充実させる新機能
「Instagramショップ」を日本にも導入
https://markezine.jp/article/detail/33963?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●6位 ラクスルとウェザーニューズが協業を開始
全国エリアを対象に「天気連動型テレビCM」の放映が可能に
https://markezine.jp/article/detail/33943?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●7位 F1層に聞くコロナ禍の変化、
6割が「自粛明けもオンライン飲み会をしたい」【ミュゼマーケティング調べ】
https://markezine.jp/article/detail/33938?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●8位 2020年下半期の企業の広告宣伝費は回復傾向!
コロナ禍と広告・マーケティング【メディアレーダー】
https://markezine.jp/article/detail/33902?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●9位 電通子会社、 音楽ライブ配信ポータルサイト「LIVE@HOUSE」の運用開始
https://markezine.jp/article/detail/33950?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

●10位 Pinterest、月間アクティブユーザー数が4億人を突破
Z世代・男性・ミレニアル世代がけん引
https://markezine.jp/article/detail/33959?utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5]配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/mz?token=eQYVE42L5145ccea546284e4e911163a226613dd&utm_source=markezine_regular_20200806&utm_medium=email

配信先の変更は、ログイン後、
「メールアドレス・パスワードの変更」からお手続きください。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/mz/
 へご連絡ください。
発行:株式会社翔泳社 MarkeZine編集部
(c)2006 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5