SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ビジヲタ必見!「すべらない事業」の作り方

“売る相手”と“売れるモノ”を見極めて成功した新興国特化のリサーチ会社の話

 毎回ユニークな事業を行っている企業の経営者にインタビューする「すべらない事業のつくりかた」。第15回は、新興国に特化したマーケティング・リサーチ事業や、中国人向け日本情報ポータルサイト『JAPAN在線』の運営を手掛ける、ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社の代表取締役社長 森辺一樹氏に、すべらない事業のコツを聞いた。

Q.まず、貴社の事業内容を教えてください

 中国・インド・東南アジアを中心とした、新興国市場のマーケティング・リサーチ事業を行っています。

ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ
ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ

Q.現在の会社を立ち上げるまでのキャリアを教えてください

 1974年に神奈川県で生まれました。中学から父の海外赴任に伴いシンガポールへ移住して、現地のアメリカン・スクールへ通いました。そこで、現在の弊社取締役兼共同創業者の古川と出会いました。当時、13歳でした。

 卒業後は日本に帰国し、法政大学経営学部に通っていました。この時代に、現在の弊社取締役である片岡と谷村に出会いました。

 大学卒業後は、新卒でオリンパス株式会社に入社しました。

Q.一流企業のオリンパスを辞めて独立したのはなぜですか?

 アメリカン・スクールに通っていた高校時代に、フォーブスの億万長者ランキングを見て、日本人がどんどんランキング外になっていくのが悔しくて。「載ろう!」と思ったのがきっかけです。まだまだ遠いですが…。

 なので、オリンパスでは「3年間だけ」と決めて入社しました。特に不満もなく、社会人としての基礎を作ってくれたと、今でも感謝で一杯です。また、前述の古川と「将来は一緒に会社やろう」と約束していたので、2人そろって計画退社です。

 オリンパス退社後、2002年に香港でStrategic Decision Initiative (HK) Ltd.を古川と共に起業して、Co-CEOに就任しました。2005年には、中国で100%子会社のStrategic Decision Initiative (SZ) Ltd.を設立し、董事(※中国企業における取締役のこと)に就任しました。

 その後、2007年に本社を東京へ移転させ、代表取締役兼CEOに就任し、現在に至ります。

Q.最初に起業した香港では、どのような事業をしていたのですか?

 当初は、基本的になんでもやりました。事業の中心は、中小企業の中国における調達代行でした。良品を製造できる工場を調べ、そこと顧客を繋ぐ仕事です。

 しかし、1年と経たないうちに、プロキュアメント(中国から調達する)の仕事よりマーケティング(中国へ売る)の仕事の方が将来性があると判断しました。そこで、商材を売るために企業が必要とする情報を探す、つまり、リサーチを行う仕事へと徐々につかっていきました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Q.2007年に香港から東京へ本社機能を移した経緯を教えてください

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ビジヲタ必見!「すべらない事業」の作り方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

矢作 嘉男(株式会社ハチワン)(ヤハギ ヨシオ(カブシキガイシャ ハチワン))

株式会社ハチワン代表取締役。New Jersey City University卒。 中国人観光客向けクーポンサイトなどインバウンド媒体を運営。 2011年、中国のインターネットプロモーション事業を行う北京博洛密網絡科技有限公司と提携し、中国向けプロモーション事業を開始。本当に成果の出る中国市場向けインターネットマーケティングのみをを提供し、インバウンド向けから中国現地進出向けまで数多くの実績を持つ。 プロモーションのご相談:info@813.co.jp

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/10/06 11:00 https://markezine.jp/article/detail/11872

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング