SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2010レポート

eカタログ制作の期間と費用を大幅減
iPhone/iPadアプリ対応も簡単に実現させたフェリシモの実力

 紙のカタログにWebサイト、さらにはeカタログまで発行・運営している通信販売会社のフェリシモ。同社は複数のプラットフォームを更新・管理する手間と費用に悩まされていたが、Adobe Scene7を導入し、ワンソース・マルチユースの環境に移行したことで、手間と費用を大幅に減らすことに成功したという。MarkeZine Day 2010で明かされたAdobe Scene7の実力とは。(バックナンバーはこちら)

eカタログ制作の時間とコストを削減

 カタログやWebサイトを介して、自社企画の商品を消費者に直接販売する事業を展開している株式会社フェリシモ。季節ごとに商品ラインアップを刷新するたびに紙のカタログとWebサイトを更新してきた同社だが、さらにWebでeカタログまで提供しようとした思い立った際、かなりの時間とコストが掛かることに課題を感じていたという。

 そんなフェリシモだったが、課題解決のためにアドビ システムズのクロスメディア配信プラットフォーム「Adobe Scene7」を導入。簡単にeカタログを制作できるようになったばかりか、iPhoneやiPadなどのさまざまなデバイスに向けても自社商品のカタログを用意できるようになったという。

 複数のプラットフォームでコンテンツを配信していく上で、Adobe Scene7はどのように役立ったのだろうか。MarkeZine Day 2010で株式会社フェリシモのマーケティング本部eビジネス部 部長 島重仁氏から語られた同社の導入事例を取り上げていこう。

株式会社フェリシモ  マーケティング本部 
eビジネス部 部長 島重仁氏
株式会社フェリシモ マーケティング本部 eビジネス部 部長 島重仁氏

Web経由の注文比率増で生まれた、固定費用削減というメリット

 フェリシモは1995年という非常に早い時期からWebサイトの運用を開始。

 サイト開設当初はカタログの情報をWebに載せるだけだったが、インターネットの普及に伴い、Web経由の注文ができるように対応し、マイページ機能も追加。現在では紙のカタログではできなかったこともWebで実現していこうと新しい試みにも意欲的だ。

 ネットレイティングスの調査によると、同社サイトの月間利用者数は149.5万人、月間4751万PVでeコマースのサイトとしては28位の規模になる。

 サイト規模も順調に成長してきたが、同社事業の中でのWebの重みも増してきている。2004年にはWeb経由の注文数が全体の20%強程度だったが、現在は約半分を超える注文がWebから行われている。

 島氏はWeb経由の注文が増えたことで「電話オペレーターや、ハガキ・FAXでの注文を入力するオペレーターを雇用する固定費が、半分以下になったことになります」とメリットを語り、今後、Web経由の注文数を100%に近づけていくことが目標だと述べた。

 Webはそれだけ重要な販売チャネルになってきたわけだが、経費削減の面だけではなく、プランナーが開発した商品に込めた熱い思いを伝えられるという点からも期待されているという。

 例えばこれまで紙のカタログでは載せられる写真のサイズ・点数に制限があったわけだが、Webでは載せきれなかった写真を載せたり、より細かいところまで見せていくことができる。

 そのようにWebのコンテンツを充実させていこうと考えていく中で、eカタログを発行しようというアイデアも出てくるようになった。

次のページ
オフラインでリーチできていなかった潜在層を取り込む

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2010レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/11/12 11:00 https://markezine.jp/article/detail/12218

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング