SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

実戦!Google Analytics徹底活用講座

リニューアルしたGoogle Analyticsの新機能をチェックしよう!

2007年5月、Google Analyticsの新版が発表されました。操作画面の一新をはじめとして、いくつかの新機能が追加されています。今回は新しくなったGoogle Analyticsの変更点をチェックしていきましょう。

新機能その1:強烈に便利な「マイレポート」

 2005年11月に誕生してから1年6ヶ月、Google Analyticsがリニューアルを実施しました。リニューアルに伴う変更点は、大きく分けて3つあります。ひとつひとつ確認していきましょう。

 まず最初に挙げられるのは、ログイン直後に表示されるダッシュボードの画面が大きく変更されたことです。新バージョンでは名称も「マイレポート」となっています。

新バージョンから追加された「マイレポート」。
まずトップに、セッション(アクセス数)の推移が大きくグラフで表示される。
それぞれの日付の箇所にマウスのカーソルを合わせると、日別のセッション数がチェックできる。

 旧バージョンのダッシュボードと異なり、「マイレポート」の場合ですと、表示したい解析項目をユーザーが任意に選択できます。Google Analyticsを使い込んでいる人ほどありがたい機能ではないでしょうか。

 なお筆者の場合ですと、本連載の第2回「導入したら毎日チェック!4つの項目」でも紹介した「キーワード」「タイトル別のコンテンツ」「参照サイト」はマイレポートに登録し、Google Analyticsへのログイン後すぐに見られるようにしています。その結果、アクセス解析結果の検証作業はぐっと楽になりました。

 また、マイレポートの表示項目はドラッグ&ドロップで並び替えることができます。優先順位の高いものは上部に移動させて、見やすくしておきましょう。

マイレポートに表示された解析項目はドラッグ&ドロップで好きな順番に並び替えることができる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
新機能その2:PDFによるエクスポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
実戦!Google Analytics徹底活用講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊草 淳(イグサ ジュン)

1979年神奈川県生まれ。成城大学経済学部卒。雑誌編集者、Webディレクターを経て、現在は不動産デベロッパーに勤務。不動産管理業務と併せ、自社サイトの制作および運用を担当。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング