SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ビジヲタ必見!「すべらない事業」の作り方

リアルアフェリエイトとスマートフォンアプリのレビューサイト運営を手掛けるベストクリエイトの話

 毎回ユニークな事業を行っている企業の経営者にインタビューする「すべらない事業のつくりかた」。第18回は、「リアル」と「モバイル」をキーワードにさまざまなビジネスの支援を行う、ベストクリエイトの代表取締役社長 川野 尚吾氏に話を聞いた。リアルアフェリエイトサービスを提供する一方で、iPhoneアプリのレビューサイト「meet-i」などの運営も手掛ける同社のすべらない事業の秘訣とは?

Q.まず初めに貴社の事業内容を教えてください。

 当社では、2つの事業を中心に展開しています。1つ目は、「リアルアフィリエイト事業」です。

ベストクリエイトWebサイト
ベストクリエイトWebサイト

 全国約8,000を超える携帯販売店舗・ネットカフェ・カラオケ店舗と提携し、店舗に来店したお客様に向けて、携帯公式サイトの会員獲得やアンケート調査、サンプリングなどを展開しており、既に多くのクライアントにご活用頂いています。

 アフィリエイトと聞くと、通常はPCアフィリエイトやモバイルアフィリエイトを連想すると思いますが、当社としては、第3の手法として、店舗というフェイスtoフェイスな場を通じたサービス・商品訴求であるリアルアフィリエイトを広く提供しています。接客シーンの中でサービスをご案内するため、残存率が高いことも特徴の1つです。

 “普段なかなかリーチできない幅広い顧客層との接点を”という希望は多くあり、クライアントの中には既にPC・モバイルアフィリエイトを長年実施済みの企業も多いですね。

 これまでは、フィーチャー・フォン(※注)でサービスを展開するクライアントの会員獲得が中心でしたが、今後はスマートフォン向けアプリの会員獲得などにシフトしていく予定です。

※注

 スマートフォンとの対比としての、従来型携帯電話。

 2つ目は、「メディア事業」です。このメディア事業は、さらに大きく2つに分けることができます。

 1つは、携帯公式サイト運営事業です。着うたフルやデコメ、コミック、フラッシュゲームなど、全15サイトを提供しています。オリコンやリクルートといった大手企業と提携して運営しており、今後はスマートフォン向けの展開も視野にいれています。

 もう1つは、スマートフォン向けメディア事業です。iPhoneやAndroid携帯といった、いわゆるスマートフォンが話題となり今後販売が一気に加速すると予想されますが、その中で注目されているのがアプリです。

 全世界でiPhoneアプリは30万本、Androidアプリは10万本を超えると言われていますが、一方でユーザーサイドからは、“どのアプリが便利なのか? 楽しいのか?探すのが大変だ”というニーズが高まっています。

 そこで当社では、自分に合ったiPhoneアプリを簡単に探せるレビューサイト「meet-i(ミートアイ)」の運営を2008年10月から開始しました。今年の4月には、iPhoneアプリ版もリリースしており、iPhoneアプリのレビューサイトとしては国内最大級です。近日中に、iPad版もリリースし、さらに海外展開も進める予定です。

iPhoneアプリのレビューサイト「meet-i(ミートアイ)」
iPhoneアプリのレビューサイト「meet-i(ミートアイ)」

 また、先月よりAndroidアプリのレビューサイト「meetroid(ミートロイド)」もスタートしました。これらを通じ、便利で価値あるアプリの情報をユーザーに分かりやすく提供することを目指しています。

 アプリの開発・提供企業には、自社アプリをユーザーにお勧めするために当社サイトでのプロモーションを実施頂いており、かなり高い効果も出ています。

Q.リアルアフィリエイトとメディア事業で何か共通点はありますか?

 2つの事業に共通して言えるのは、クライアントや広告代理店のニーズに応えると共に、ユーザーにメリットのある情報を効果的に提供することを追求しているという点です。フィーチャー・フォン向け、スマートフォン向けにサービスを提供しているクライアントや広告代理店は、新たなプロモーション手法や顧客接点を求めています。そうした要望に応え、リアルな店舗経由でのアプローチとネットメディアからのアプローチを同時に提供しています。

 また最近では、アプリ開発資金の支援プロジェクトや、アプリ開発を希望するクライアントとアプリ開発会社をマッチングするサービスなども提供しています。

 便利なサービスが、より一層提供されやすい環境を作ることも、当社の役割だと認識しています。ソーシャルゲームにも近々挑戦する予定です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Q.会社を立ち上げるまでのキャリアを教えてください

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ビジヲタ必見!「すべらない事業」の作り方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

矢作 嘉男(株式会社ハチワン)(ヤハギ ヨシオ(カブシキガイシャ ハチワン))

株式会社ハチワン代表取締役。New Jersey City University卒。 中国人観光客向けクーポンサイトなどインバウンド媒体を運営。 2011年、中国のインターネットプロモーション事業を行う北京博洛密網絡科技有限公司と提携し、中国向けプロモーション事業を開始。本当に成果の出る中国市場向けインターネットマーケティングのみをを提供し、インバウンド向けから中国現地進出向けまで数多くの実績を持つ。 プロモーションのご相談:info@813.co.jp

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/12/24 11:00 https://markezine.jp/article/detail/12940

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング