SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ZOZOTOWNが大攻勢、ソフトバンクと中国進出、5月にはグローバルサイトをオープン

 スタートトゥデイは、ソフトバンクと中国香港に合弁会社「スタートトゥデイホンコン(仮称)」を設立し、その100%子会社として中国でファッションECサイトを展開する会社「スタートトゥデイシャンハイ(仮称)を設立する。事業展開にあたってはソフトバンクの子会社で、中国ECビジネスの進出支援を手がけるアリババ株式会社がサポートする。

 スタートトゥデイシャンハイは、9月下旬に中国アリババグループのECサイト「淘宝網(タオバオ)」のプラットフォームを利用して「ZOZOTOWN」を中国国内に開設するとともに、タオバオ内にあるBtoCショッピングモール「淘宝商城(タオバオモール)」に出店し、同時に2つのサイトを展開する。 

 また、スタートトゥデイは、運営するファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」のグローバルサイト「ZOZOTOWN.com」を5月下旬にオープンすると発表。グローバルサイトは、日本語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、英語の5言語に対応。商品は世界82か国に配送可能で、EMS(国際スピード郵便)で国内から直接海外へ発送する。ただし、グローバルサイトのコンテンツはショッピングサイト「ZOZOTOWN」のみとなり、ツイッターなどによる商品へのコメント投稿機能といった外部SNSサイトとの連携は行わない。

 スタートトゥデイは同日、決算発表を行い、平成23年3月期の連結業績(平成22年4月1日~平成23年3月31日)の連結売上高は238億100万円、営業利益は58億5100万円、当期純利益は31億300万円と好調を示している。

【関連記事】
「ZOZOTOWN」の月間訪問者数が400万人を突破
ユニクロの台湾進出で、最も恩恵を受けたのは台湾ブランド「Lativ」
不況知らずのファッション通販サイト「ZOZOTOWN」ができるまで

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/04/26 18:38 https://markezine.jp/article/detail/13723

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング