MarkeZine(マーケジン)

記事種別

世界初の“お菓子のパッケージ”を使ったARゲーム

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を、週に1回お届けするこの連載。今週は、イギリスの菓子メーカー「キャドバリー」のチョコレートバーのパッケージを利用した、世界初のユニークなプロモーションをご紹介します。毎週水曜日更新。(バックナンバーはこちら)

キャンペーン概要
  • 時期:2011年8月
  • 国名:UK
  • ブランド名:Cadbury
  • 業種:食品

お菓子のパッケージがゲームに早変わり、拡張現実を使った次世代のオマケ

 キャドバリーはARアプリ開発企業であるBlippar社協力のもと、同社のチョコレートバーのパッケージを使って、消費者がスマートフォンから“拡張現実世界を認識して”プレイできるゲームを開発しました。この世界初となる「パッケージARゲーム」の楽しみ方は次のとおりです。

 まず、スマートフォンユーザーは画像認識アプリ「Blippar」を、App storeかアンドロイドマーケットよりダウンロードします(無料)。

 続いて、ダウンロードした「Blippar」を起動し、チョコレートバーのパッケージを写真を撮影するようにディスプレイに表示させます。

 そうすると、拡張現実の世界がディスプレイに投影されます。

 ディスプレイに表示されている「STRIPE」マークをタッチすると、ゲームがスタートします。

 ゲームの内容は、簡単に言えば「モグラたたき」です。キャドバリーのキャンペーンキャラクターである“縞模様のアヒル”がパッケージのあちこちから飛び出してきて、制限時間内にこのアヒルを親指でタッチした回数(得点)を競うというゲームです。

 最後に得点が表示されます。TwitterやFacebookに、そのまま投稿できるボタンもあります。

 ゲームができるパッケージって、嬉しい驚きですね。最先端の商品パッケージとして、大きな可能性を感じました。素晴らしい発想。

ゲームの概要をまとめた動画はコチラ

 その他、世界の一風変わったパッケージデザインに関心のある方は、以下ページもご覧ください。

引用元サイト

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5