SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

知らない人にインタビューする「ザ・インタビューズ」
賛否両論の中、PV急上昇

 知らない人に質問するすると、知らない人が質問に答えてくれる。paperboy&co.のサービス「ザ・インタビューズ」が、いま急速にPVを伸ばしている。

 インタビューをするには、まず「ザ・インタビューズ」のメンバー(会員)になるための登録が必要だ。自分のプロフィールを登録すると、メンバーと呼ばれる会員の中から気になる誰かにインタビューすることができる。質問の内容は、「好きなマンガは?」「父、母、どっちに似ていますか?」など、さまざまな単発の質問だ。相手には質問だけが届き、質問者が誰であるかはわからない。

 このサービスは、paperboy&co.の「お産合宿」と呼ばれる社内イベントから生まれたサービスで、7月末にスタートし、現在はベータ運用中だ。しかし、ツイッターやフェイスブックを通じて、次第に注目をあつめ、現在はサーバーを増強しなければならないほどPVを伸ばしている。

 新聞や雑誌で見かけるインタビュー記事は、芸能人、スポーツ選手、作家などの著名人などが質問に答えている。しかし、「ザ・インタビューズ」では無名の人どうしが質問し、答えるサービス。そのことに違和感をおぼえたり、ある種のナルシシズムを感じる人もいるようだ。しかし、知らない人からの質問に答えること自体に楽しさを見出している人も多い。また、ふと見かけた質問と答えから何かをつかむ人もいるだろう。「ザ・インタビューズ」、今後が気になるサービスのひとつだ。

【関連記事】
半年でFacebook利用企業が24%→84%
無印良品、ソーシャルコマースサイト「my MUJI」オープン
ECサイトの9割が「ツイッター」導入
ツイッターのフォロワーどうしで無料通話できる iPhoneアプリ「OnSay」
国内フェイスブックユーザー数は385万人、mixiの16%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/09/08 11:40 https://markezine.jp/article/detail/14365

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング