SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

スマホ広告配信ツール最新動向(PR)

収益最大化・アドサーバ機能に加えて独自アドネットワーク構築機能も――スマートフォン特化型広告配信SSPサービス「AdStir」の実力は?

 スマートフォン向け広告をめぐるアプリ開発者/Webメディア運営者(サプライサイド)の悩みを解決するプラットフォームとして登場した「AdStir」。アドネットワークの組み合わせ/配信比率を自在に設定できるAdStirを導入することで、どの程度の収益改善が見込めるのだろうか。実際の利用シーンを想定した使い勝手の良さについても取り上げながら、その実力のほどを探ってみる。

スマートフォン特化型広告配信SSPサービス「AdStir」の機能詳細を紹介

 スマートフォン向けのアプリ/Webメディアを広告モデルで事業化させたい。そのために役立つサービスはないだろうか――。そう考えているアプリ開発者/Webメディア運営者(サプライサイド)向けのプラットフォームサービスとして、ngi group株式会社が「AdStir」を無料で提供開始してから既に1カ月以上。前回はその概要について紹介したが、今回は機能の詳細や使い勝手、今後の計画などについて取り上げてみよう。

イールドオプティマイゼーション機能で収益をどれくらい改善できるのか

 AdStirはアドネットワークからの収益を最大化するイールドオプティマイゼーション機能と、純広告や自社広告を配信するためのアドサーバ機能を備えている。

 このうちのイールドオプティマイゼーション機能を詳しく見ると、大きく以下3つの要素から成り立っている。

  1. アドネットワークごとの広告在庫状況を確認して在庫切れを検知する機能
  2. アドネットワーク別に配信可否や配信比率を設定できる機能
  3. 端末・所在地に応じて配信可否/比率をカスタマイズする機能

 アドネットワークを利用する上で、最大のリスクは広告在庫切れ。いくら高単価なアドネットワークを入れていても、配信ロスが生じては収益性を著しく下げてしまう。AdStirではまず配信ロスをなくして広告配信率100%にした上で、収益が最大になるネットワークの選定/配信比率の設定、端末・所在地ごとのカスタマイズといった調整を施せるように考えられている。

 実際のところ、AdStir導入によって収益がどの程度改善するのだろうか。まだリリース間もないために実績値ではなく机上の試算になるが、月半ばで広告が在庫切れになっていたのなら、配信ロスがなくなるので単純計算で収益は2倍になる。

 アドネットワークによっては、優良なアプリ/Webメディアに対して相場の2倍ほどの単価で提携を打診するケースもある。あるいはクリック課金での提携の場合、同じ企業の広告ばかりが掲載されていてはクリック率が当然低くなり、CPMが低下してしまう。AdStirを使って複数のアドネットワーク広告を配信し、ユーザー属性と親和性の高い広告を配信してくれるネットワークを探すことで、大幅な収益改善が見込めるかもしれない。

次のページ
複数アドネットワークの導入・運用の手間を大幅に減らすAdStirの管理機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
スマホ広告配信ツール最新動向連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/10/24 11:00 https://markezine.jp/article/detail/14433

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング