SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Google アドワーズ活用事例(PR)

Google AdWords を活用しビジネスを拡大
Google Excellent Performer Award受賞企業の成功要因

 Google AdWords 普及のため、Google が「認定パートナー」制度と並行して走らせている「オープンビジネスパートナー」制度。法人・個人を問わずに参加できる敷居の低さと Google によるサポートの手厚さが魅力の同制度も、始動から既に1年強が経過した。今冬には、パートナーの中でも成績上位の10社を表彰するアワードの第2回目を発表。 Google AdWords を顧客に上手く提案し、信頼を勝ち取っている企業には、どんな秘訣があるのだろうか。 (注:この記事は広告記事です)

ネット専業代理店だけでなくWeb制作会社にも広まりつつある「Googleオープンビジネスパートナー」

 Google が昨年9月30日から開始した「Googleオープンビジネスパートナー」制度。

 Google の提供する検索連動型広告「 Google AdWords 」の運用代行などを手掛ける企業が、Google の提供するさまざまなサポートを無料で受けられるプログラム内容となっている。

 制度を立ち上げてから1年強が経過。毎月、数百社ペースで参加企業が増加中だ。11月下旬時点で、6,000社近い企業が参加している。

 参加企業の内訳を見てみると、最近になって増えているのがWeb制作関係の企業。「今まで AdWords を直接使ったことがなかったけれど、中小企業のWeb利用をサポートしてきた企業に入ってきていただけている」とグーグル株式会社マーケティング マネージャーの清水一浩氏(写真左)は分析。

 検索連動型広告の運用等を本業とするネット専業の広告代理店などはあらかた登録を済ませているため、現在は本業を別に持つWeb制作/デザイン会社などの登録が目立つようになってきているのだとか。

あまりの手厚さにパートナーから驚かれることも Google によるサポート内容

 そんな参加層の変化を受けて、 Google が特に意識してサポートに乗り出しているのが   AdWords に関する知識・スキルを伸ばしてもらうことと、参加企業の営業活動における課題が軽減するようサポートすること。

 例えば、参加申し込みをした企業にはスターターキットを送付。 AdWords の概要をまとめた「スターターガイド VOL.1」、 AdWords の運用ガイドとなっている「同 VOL.2」、 AdWords 導入を顧客へ提案する際のコツを教える「同 VOL.3」といった小冊子のほか、販売促進用チラシ、  AdWords 無料お試し券などを同封している。

 スターターキットが好評だったことから、追加の支援策として最近リリースしたのが営業支援ツール。営業時に必要な説明資料や見積もりのテンプレートといったドキュメント類を提供開始した。

 「スターターキットの評判も良かったのですが、営業支援ツールに関しても『ここまで Google はやってくれるのか』と驚かれています」と清水氏。

 参加企業からの評判は上々で、清水氏も手応えを感じているもよう。今後、マニュアルには落とし込みにくい属人的なノウハウを拡散していくための仕組みづくりなどに注力していきたいと意気込んでいる。

2回目を迎えた「Google Excellent Performer Award」受賞企業の成功要因は?

 スターターキットや営業支援ツールが参加企業をサポートするためのものだとすれば、インセンティブとして用意されているのが「Google Excellent Performer Award」。

 今春、第1回目のを実施したのに続き、今回は7~9月の実績を対象とした第2回目の受賞企業を発表。前回の審査基準が「対象期間中に開設したアカウント数」だったのに対して、今回は「対象期間中に開設したアカウントで運用した広告の金額」で選考されている。

 第2回目のGoogle Excellent Performer Award、受賞企業はどのような顔ぶれになったのだろうか。上位にランクインした企業はどのような取り組みをすることで顧客からの支持を得られたのか、成功した要因についても紹介していこう。

次のページ
最優秀賞受賞企業は三者三様

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Google アドワーズ活用事例連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング