SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

デジタルマーケティングの未来を探る「Adobe Digital Marketing Summit 2012」

リアルタイム分析から「予測分析」へ、先手を打つ「攻めのマーケティング」を可能に


 「Adobe Digital Marketing Summit 2012」で発表された注目のソリューションのひとつが「Predictive Marketing(予測マーケティング)」。将来を予見して、マーケターの意思決定を支援する機能です。

データから隠れた行動やパターンを見つけ出す「予測マーケティング」

 今回のサミットでは、「Predictive Marketing(予測マーケティング)」というキーワードが登場した。アドビ システムズのデジタルマーケティング部門を指揮するブラッド・レンチャー氏は、初日のキーノートで、Adobe Digital Marketing Suiteに予測マーケティングのソリューションを導入すると発表。煩雑なデータ解析の手間を省き、データのなかに埋もれているパターンを見つけ出すことによって、そこから次に何が起こるかを理解することができると述べた。

 「プレディクティブ・アナリティクス(Predictive Analytics)」は、これまで「データ・マイニング」という呼ばれてきた分野の一角を占めるものといえばよいだろうか。大量のデータを解析して、そこからある種のパターンや傾向、知見などを引き出してビジネスに活かそうというデータ・マイニングに代わって、欧米では「プレディクティブ・アナリティクス(予測分析)」という言葉が登場し、「Predictive Analytics World」のようなカンファレンスが各国で開催されている。その対象は、マーケティングだけでなく、医療、金融、保険などさまざまな分野におよんでいる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
リアクティブ(受け身)ではなくプロアクティブ(先手を打つ)マーケティングへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
デジタルマーケティングの未来を探る「Adobe Digital Marketing Summit 2012」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/10/18 16:59 https://markezine.jp/article/detail/15458

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング