SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

FLASH対応携帯端末は全体の92.2%に―携帯の機種別アクセス実勢調査

  ビートレンドは、同社の携帯向けASPサービス「BeMss」を提供する、約600社の携帯サイトへどのような機種からアクセスされているかの実勢調査を実施し、その調査結果を発表した。

 まず、キャリア別のアクセス数の割合を見ると、1位はDoCoMoで59.2%、続いてauが33.1%、SoftBankが7.7%となっている。前回の4月時点のデータと比較すると、auが1%減、SoftBankが1%増、DoCoMoのシェアは変わらずだった。

グラフはプレスリリースより転載。

 また、どのメーカーの携帯からアクセスがあるかをキャリアごとに見ると、DoCoMoは上位5機種のうち、1位、2位、4位がシャープ。3位がパナソニック、5位がNEC。auでは、1位がカシオ、2位が日立、で3~5位がソニー・エリクソン。SoftBankでは、上位5機種すべてがシャープ製となっている。

 また、携帯端末の対応テクノロジーおよびサービスを3キャリアの合計で見ると、HTMLメール対応端末は70.1%であるのに対して、FLASHについては対応端末が全体の92.2%に達している。また、おサイフケータイは対応端末が64.4%となっており、過半数を超えていることがわかった。

プレスリリース:「ビートレンド、携帯機種毎のアクセス実勢を調査」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 21:21 https://markezine.jp/article/detail/1653

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング