SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

動画マーケティング最前線(PR)

映像は文字よりも雄弁に語る!動画コンテンツマーケティング成功の秘訣は高画質対応と運用システム

どこまで画質にこだわるべき?動画における3つのタイプ

 しかし、どんな動画にも潤沢な制作コストをかけられるわけではない。また、今ではスマートフォンで簡単に撮影しYouTubeなどの動画共有サイトにそのままアップすることもできるので、場合によってはスピードを重視するほうがいいときもある。

 「私たちがサポートしている企業の事例では、動画の内容からじっくり相談しながら画質にこだわって制作するケースもあれば、ハンディカメラやスマートフォンを使って自社内で撮影しCMSで次々とアップしているケースもあります。どのような制作、配信なら効果が上がるかは動画の目的とターゲットのニーズによるので、それを見極めることが大事です」(奥田さん)

株式会社オーク マネージャー 奥田志帆さん

 では、その見極めはどのようにすればいいのだろうか。オークによると、現在Web上で企業が配信している動画のタイプには、次の3つがあるという。

  1. 宣伝PR目的の動画:事業や商品のプロモーションなど
  2. 補助的な動画:“テントの張り方”といった商品購入者向けのチュートリアルなど
  3. プレミアム動画:IR説明、Eラーニング、ファンクラブ会員向けコンテンツなど

高画質動画を簡単に配信できるASP「Media Station」

 さらにターゲットとの関係で分類してみると、PUSH型とPULL型のコンテンツに分けられる。例えば、(1)はPUSH型のコンテンツであり、関心のない人に興味を持ってもらう画質や面白みが求められる。(3)についてはPULL型のコンテンツであり、顧客満足のためには高画質が求められる。そして、限られた人にのみ見せたいクローズドなコンテンツであり、コピー防止や会員管理の仕組みが必要になる。また動画の長さに関しては、(1)(2)は1~2分程度と短く収めるほうが見る側の利便性が高く、(3)はPULL型のコンテンツということもあり、長くても問題ないだろう。

株式会社オーク 代表取締役 梶谷千鶴さん

 そこで企業の課題になっているのが、画質についてである。前述した“スマートフォンで撮影し、動画共有サイトへ”という方法は手軽だが、画質は望めない。「プロモーション効果やSEOの向上のために(1)に分類されるコンテンツの画質を上げるのはもちろん、生活者の視聴環境が整ったことから(3)分野の動画コンテンツ作成の企業ニーズが高まっていることも、画質が課題に挙がる一因です。特に有料のEラーニングやファンクラブ向けのコンテンツなどは、画質が低いと成り立ちません」と梶谷さんは語る。

 そうした企業のニーズを汲み、オークが取り扱いを開始したのが、法人向けストリーミング配信ASP「Media Station」である。

次のページ
最適な画質のコンテンツでソーシャル波及

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
動画マーケティング最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/18 14:15 https://markezine.jp/article/detail/16641

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング